SNS

最新記事

ニュース

More

シリーズ Japan Data
過去の豪雨災害
[2018.07.10]

過去に甚大な被害をもたらした豪雨災害は7月に集中。2000年以降、頻度が増えているようだ。

西日本を中心に大きな被害をもたらした2018年7月の豪雨では、広島県、岡山県、愛媛県を中心に大規模な土砂災害や浸水が発生。死者数は7月10日昼時点で12府県130人に上っている。

内閣府の防災白書によると、2004年10月の台風23号、11年8~9月の台風12号による豪雨でそれぞれ98人の死者・行方不明者が出ているが、今回の豪雨はそれを上回り、平成に入ってからの豪雨被害としては最悪のものとなった。各地で行方不明者の捜索が続いており、人的被害はさらに拡大する恐れがある。

気象庁がまとめた「災害をもたらした気象事例」の中から、1960年代以降の豪雨災害をピックアップすると、多くが7月に集中している。停滞する梅雨前線に台風などからの暖湿気流が流入するといったパターンが多い。2000年代に入ってから頻度が高まっているようだ。

1960年以降の主な豪雨災害

【平成30年7月豪雨】 2018年6月28日~

梅雨前線に向かって南から暖かく湿った空気が大量に流れ込んだのが主因で、台風7号も影響。岡山県、広島県、愛媛県を中心に豪雨による土砂災害、浸水被害が発生している。

【平成29年7月九州北部豪雨】 2017年6月30 日~7月10 日

梅雨前線や台風の影響で西日本から東日本を中心に局地的に猛烈な雨が降り、福岡県、大分県を中心に大規模な土砂災害が発生。死者40人、行方不明2人。1600棟を超える家屋の全半壊や床上浸水。

【平成27年関東・東北豪雨】 2015年9月7日~11日

台風から変わった低気圧に向かって暖湿気流が流れ込み、西日本から北日本にかけての広い範囲で大雨。14人死亡。鬼怒川の堤防決壊で家屋が流出等するなどして7000棟以上の家屋が全半壊、床上・床下浸水1万5000棟以上。

【平成26年8月豪雨】 2014年7月30日~8月20日

相次いで接近した2つの台風と停滞前線の影響で広範囲に記録的な大雨。広島市では、次々と発生した積乱雲が一列に並び集中的に雨が降り続く現象が発生し、土石流や崖崩れが多発、災害関連死も含む死者77人、家屋の全半壊396棟などの被害。

【平成24年7月九州北部豪雨】 2012年7月11日~14日

梅雨前線に湿った空気が流れ込み、熊本県熊本地方、阿蘇地方、大分県西部では局地的な豪雨が長時間にわたって続いた。死者・行方不明者33人、床下浸水8409棟などの被害。

台風12号による豪雨 2011年8月30日~9月5日

台風が大型でスピードが遅かったため、長時間にわたって広い範囲で記録的な大雨。特に和歌山県、奈良県、三重県で土砂災害、河川の氾濫などの被害が大きかった。死者・行方不明者98人。

【平成23年7月新潟・福島豪雨】 2011年7月27日~30日

停滞していた前線に暖湿気流が流れ込み、福島県会津地方では、4日間で7月の月間降水量平年値の2倍以上の700ミリの降雨。死者・行方不明者6人、床上・床下浸水約9000棟。

【平成21年7月中国・九州北部豪雨】 2009年7月19日~26日

活発な梅雨前線によって中国・九州北部を中心に記録的な大雨。九州北部では、7月の月間降水量平年値の2倍近い700ミリ超の降雨。死者36人、床上・床下浸水約1万2000棟。

【平成20年8月末豪雨】 2008年8月26日~31日

西日本から東北地方までの広い範囲で記録的な大雨。愛知県一宮市で120ミリ、愛知県岡崎市で146.5㎜の1時間降水量を記録。死者2人、床下浸水約2万棟などの被害。

【平成18年7月豪雨】 2006年7月15日~24日

活発な梅雨前線の影響で、鹿児島県、熊本県、島根県、長野県などで総降水量が7月の月間平均降水量の2倍を超えるなど記録的な大雨。土砂災害や浸水害が発生。死者・行方不明者30人。

台風23号による豪雨 2004年10月18日~21日

台風と前線の影響で広い範囲で大雨が降り、四国地方や大分県では期間降水量が500mmを超えた。兵庫県や京都府で河川の氾濫による浸水害、西日本各地で土砂災害が発生。全国で死者・行方不明者が98人。

【平成16年7月福井豪雨】 2004年7月17日~18日

活発な梅雨前線の影響で、福井県美山町で1時間に96ミリの猛烈な降雨を記録。福井県各所で堤防決壊、浸水被害が発生。死者・行方不明5人、床上・床下浸水約1万4000棟。

【平成16年7月新潟・福島豪雨】 2004年7月12日~14日

梅雨前線の活動が活発になり、新潟県中越地方、福島県会津地方で非常に激しい雨。各地で堤防の決壊による浸水害が発生。死者16人、負傷者83人などの被害。

【平成5年8月豪雨】 1993年7月31日~8月7日

日本付近に前線が停滞、低気圧の通過や台風の接近に伴い、全国で大雨被害。特に、九州南部で激しい雨が降り、鹿児島県を中心に土砂崩れなどが発生。死者・行方不明者93人。

【昭和58年7月豪雨】 1983年7月20日~29日

活発な梅雨前線により本州の日本海側を中心に大雨。特に、島根県西部で記録的な大雨。土石流、洪水が相次いで発生した。死者・行方不明者117人。

【昭和57年7月豪雨】 1982年7月23日~25日

梅雨前線の活動が活発化。特に長崎県で時間降水量100ミリを超える猛烈な雨が続き、土石流やがけ崩れが発生した。死者・行方不明者439人、床下浸水約16万棟。

【昭和47年7月豪雨】 1972年7月3日~15日

3つの台風の発生で梅雨前線の活動が活発化し、西日本から関東南部にかけて大雨。死者・行方不明者447人、床下浸水27万棟などの大きな被害を出した。

【昭和42年7月豪雨】 1967年7月8日~9日

梅雨前線に、台風から変わった熱帯低気圧からの暖湿気流が流れ込み、前線の活動が活発化。時間降水量が100ミリを超えた長崎県佐世保市を中心に、死者351人、行方不明18人、床下浸水約25万棟など大きな被害が出た。

【昭和39年7月山陰北陸豪雨】 1964年7月17日~20日

梅雨前線に、台風から変わった温帯低気圧の高温多湿な気流が流入し、記録的な大雨。石川県、富山県、松江市、金沢市など日本海側で記録的な豪雨。島根県出雲市を中心に多数のがけ崩れが発生した。死者・行方不明者130人以上。

【昭和36年梅雨前線豪雨】 1961年6月24日~7月5日

停滞した梅雨前線の影響で、北海道を除く全国各地に被害。特に、長野県では木曽川の氾濫や伊那谷地区の土砂崩れで100人以上の死者。全体で死者・行方不明者357人、床下浸水約34万棟など。

※【】書きは気象庁が命名した災害名

※被害状況については気象庁、内閣府、消防庁等の発表資料を参考とした。集計方法が統一されていないため、被害件数が必ずしも一致していないケースがあった。

お詫び:「台風23号による豪雨」について、誤って「2014年10月18日〜21日」と記載しておりましたが、正しくは「2004年10月18日〜21日」でした。読者からのご指摘により、2018年9月18日付で修正致しました。

バナー写真:愛媛県宇和島市の土砂崩れの現場=2018年7月9日(時事)

この記事につけられたタグ:
  • [2018.07.10]
関連記事
このシリーズの他の記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告