SNS

最新記事

ニュース

More

シリーズ Japan Data
コメを食べなくなった日本人
[2018.08.03]

日本人の主食、コメの消費量が半世紀で半減した。新ブランドのおいしいコメが続々とデビューしているものの、コメ離れに歯止めがかからない。 

高度経済成長期真っただ中の1962年度、日本人1人当たりコメの消費量は118.3キロだった。その後は、坂道を転げ落ちるように減少し、2016年度には半減以下の54.4キロとなった。62年度はご飯を1日に5.4杯(1杯精米で60グラム換算)食べていたが、16年度は2.5杯しか食べなくなった計算だ。各地の農業試験場では品種改良を重ね、食味や食感にこだわった新ブランドのおコメが続々デビューしているが、消費者のコメ離れには歯止めがかからない。

コメを食べなくなった一方で、油脂類や肉類、牛乳・乳製品の消費は増えている。コメと同じように62年度と16年度を比べると、油脂類が5.3キロから14.2キロと2.7倍、肉類は7.6キロから31.6キロと4.2倍、牛乳・乳製品が28.4キロから91.3キロと3.2倍となっている。コメ離れの原因はこうした食生活の西欧化に加えて、高齢化で食が細くなる人が増えていることや、人口減などさまざまな要因が組み合わさっている。近年では、「太らないためには、炭水化物は取らない方が良い」といった糖質オフダイエットブームも起こっている。

農林水産省が14年度にまとめた「主食用米消費動向の中期的変化及びその要因分析調査」では、夕食にご飯類以外を選ぶ理由として「いろいろな種類の主食を食べたいから」が約半数を占めた。一方、時間に追われる朝は、特に「短時間で食べられる」「準備や片付けに時間がかからない」などの理由でご飯以外の主食を選ぶ傾向にあった。

総務省の「家計調査」(2人以上世帯)によると、2011年に一般家庭の食料品への支出額で、初めてパンがコメを上回った。2012年はわずかにコメが再逆転したものの、2013年以降、パンへの支出が上回る状態が続いている。

和食は13年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録され、海外では「健康的な食事」として人気が高まっている。当の日本人が和食の価値を一番、分かっていないのかもしれない。

▼あわせて読みたい

「コメよりパン」になった日本人の食卓
家計の支出でパンがコメを上回った逆転現象は何が原因なのか。1998年から家庭の食卓調査を行っている岩村暢子氏がその背景を探る。

家庭の和食―今そこにある危機
食と現代家族の研究を続ける岩村暢子氏が、「日本人の伝統的食文化」としての和食の無形文化遺産登録を機に、現代日本人にとっての「家庭の味」とは何なのかを問い直す。

この記事につけられたタグ:
  • [2018.08.03]
関連記事
このシリーズの他の記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告