SNS

最新記事

ニュース

More

シリーズ Japan Data
日本は女性医師が圧倒的に少ない!:OECDで最低レベル
[2018.08.06]

日本の女性医師の割合は2016年で21.1%。OECD諸国では最低だ。

日本の女性医師は2016年時点で6万7493人。全医師に占める割合は21.1%となった。10%にも満たなかった1970年代からは大きく伸びたとはいえ、男女比はまだまだ大きい。

「OECD Health Statics 2015」によると、加盟国の女性医師比率は単純平均で44.8%、加重平均で39.3%。日本の女性比率の低さが際立っている。G7諸国では、英国47.2%、ドイツ44.5%、フランス43.6%、カナダ40.6%、イタリア39.8%で、6位の米国ですら34.1%と日本を10ポイント以上引き離している。

医師国家試験合格者の男女比率は概ね7:3で推移している。医師の男女比率とズレが生じているのは、医師登録後の男女の就業率に開きがあるためだ。日本では、いまだに、社会的な役割分業意識が強く、特に出産後は女性が家事育児の主たる役割を担わざるをえないケースが多い。厚生労働省の2016年の調査では、女性の病院常勤勤務医の28%が週60時間以上勤務(診療時間+診療外時間+当直待機時間)となっており、働きながら子育てすることが困難などの事情があると考えられる。

バナー : PIXTA

この記事につけられたタグ:
  • [2018.08.06]
関連記事
このシリーズの他の記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告