SNS

最新記事

ニュース

More

シリーズ Japan Data
大阪3位、東京7位-世界の住みやすい都市ランキング
[2018.08.23]

英誌の調査部門が発表した恒例の「世界の最も住みやすい都市」ランキングで、日本から大阪(3位)と東京(7位)がトップ10入りした。ウィーンは欧州の都市として調査スタート以来初めて首位に選ばれた。

英誌エコノミストの調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」が2018年8月発表した恒例の「世界の最も住みやすい都市」ランキングで、日本からは大阪が3位、東京が7位にランクインした。首位に輝いたのはオーストリアの首都ウィーンだったが、これは欧州の都市として2004年の調査スタート以来初めて。昨年まで7年連続で王座を保ってきたメルボルンは2位に順位を下げた。

EIUのランキングは、毎年世界140都市について、政治・経済の安定度、医療、交通インフラ、教育、文化・環境の5項目によって総合評価している。最高は100点。

獲得ポイントをみると、首位ウィーンは「ほぼ理想的」(EIU)とされる99.1点。2位メルボルン98.4点、大阪97.7点と続く。4位以降はそれぞれ0.1点の僅差で7位東京は97.2点でトロントと同点だった。

2018年版 世界で最も住みやすい都市ベスト10

順位 都市名 国名 得点
1位 ウィーン (オーストリア) 99.1
2位 メルボルン (オーストラリア) 98.4
3位 大阪 (日本) 97.7
4位 カルガリー (カナダ) 97.5
5位 シドニー (オーストラリア) 97.4
6位 バンクーバー (カナダ) 97.3
7位 東京 (日本) 97.2
7位 トロント (カナダ) 97.2
9位 コペンハーゲン (デンマーク) 96.8
10位 アデレード (オーストラリア) 96.6

EIUの発表から編集部作成

トップ10を国・地域別にみると、オーストラリアとカナダが3都市ずつ、日本と欧州の2都市はそれに次ぐ。EIUは特にオーストリアと日本について、殺人事件発生件数の少なさを高評価の一因として挙げている。

EIUは、「上位に入るのは富裕国の中規模都市が多い」と分析。パリ(19位)、ロンドン(48位)、ニューヨーク(57位)といった国際的なビジネスセンターが振るわなかった原因として、「犯罪率の高さと交通渋滞などインフラ問題」を挙げている。

バナー写真:大阪市中心部(梅田、淀屋橋方面)。左手前は海遊館=2016年12月26日、大阪市住之江区の大阪府咲洲庁舎より撮影 (時事通信フォト)

この記事につけられたタグ:
  • [2018.08.23]
関連記事
このシリーズの他の記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告