SNS

最新記事

ニュース

More

シリーズ Japan Data
正社員「不足」が過半数超え—帝国データ調査
[2018.09.10]

人手不足が深刻化している。帝国データバンクの調査では、正社員不足と答えた企業が過半数を超えた。

民間の調査期間帝国データバンクが発表した2018年7月の人手不足に対する企業の動向調査によると、正社員が不足していると答えた企業が50.9%となり、7月としては初めて過半数を超えた。16年7月は37.9%、17年7月は45.4%で、年々、人手不足感が強まっていることがあらためて浮き彫りとなった。

「不足」と回答した企業を業種別にみると、ソフト受託開発などの「情報サービス」が71.3%(前年同月比1.6ポイント増)と最も多かった。以下、「運輸・倉庫」が67.6%(同6.7ポイント増)、「建設」が66.3%(6.8ポイント増)、「メンテナンス・警備・検査」が66.2%(9.5ポイント増)、「家電・情報機器小売」が63.9%(2.4ポイント増)、「輸送用機械・機器製造」が62.9%(25.4ポイント増)などと続き、軒並み前年よりも増加した。

正社員が不足していると感じている上位10業種 (%)

2016年7月 2017年7月 2018年7月
1. 情報サービス 60 ↑ 69.7 ↑ 71.3
2. 運輸・倉庫 48.1 ↑ 60.9 ↑ 67.6
3. 建設 53.2 ↑ 59.5 ↑ 66.3
4. メンテナンス・警備・検査 50 ↑ 56.7 ↑ 66.2
5. 家電・情報機器小売 65 ↓ 61.5 ↑ 63.9
6. 輸送用機械・器具製造 25.8 ↑ 37.5 ↑ 62.9
7. 人材派遣・紹介 41.7 ↓ 40.4 ↑ 62.1
8. 放送 76.9 ↓ 61.5 → 61.5
9. 飲食店 51.3 ↓ 46.3 ↑ 58.5
10. リース・賃貸 38.6 ↑ 52.9 ↑ 58.4

帝国データバンクの公表資料を基に編集部作成

中小企業基本法に準拠するなどして帝国データが区分した企業規模別にみると、大企業では58.5%、中小企業では49.0%が正社員が「不足」と感じており、中小企業のうち小規模企業に限ると43.6%が「不足」と回答。規模が大きくなるにつれて不足感を訴える傾向が見られた。

また、非正社員が「不足」していると回答した企業は33.0%(3.6ポイント増)となった。「適正」と考えている企業は60.8%(2.7ポイント減)、「過剰」と考えている企業は6.2%(0.9ポイント減)だった。

調査対象の企業からは「輸送需要はあり、値上げに対する理解も進みやすい状況にあるが、運転職を中心とした人手不足や、それを補うための人件費、外注費の上昇でコスト増が続いている」(運送業)、「慢性的な人手不足で受注を受けられない」(電気工事)などの声が寄せられた。

バナー写真 : PIXTA

この記事につけられたタグ:
  • [2018.09.10]
関連記事
このシリーズの他の記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告