SNS

最新記事

ニュース

More

シリーズ Japan Data
TOKYOに次ぐ検索2位はAKITA:秋田犬人気が順位押し上げか
[2018.11.29]

ザギトワ効果? 秋田犬人気が検索数を押し上げた!

都道府県名の検索数、トップの「TOKYO」に肉薄する第2位は「AKITA」だった。

海外向けのデジタルマーケティング支援などを行うインフォキュービック・ジャパン(本社東京)が2017年4月からの1年間、13の国と地域から英語でグーグル検索された都道府県名を分析。1位の東京が35万9700回、2位秋田は35万310回で、3位以下を大きく引き離した。

都道府県名の検索上位

都道府県名 回数
1 TOKYO(東京) 359,700
2 AKITA(秋田) 350,310
3 HIROSHIMA(広島) 214,120
4 OSAKA(大阪) 205,400
5 OKINAWA(沖縄) 188,400
6 SAGA(佐賀) 185,200
7 KYOTO(京都) 139,100
8 HOKKAIDO(北海道) 132,500
9 KOCHI(高知) 128,560
10 SAITAMA(埼玉) 109,990

出典 : インフォキュービック・ジャパン

 

観光庁が公表している「2017年外国人観光客の都道府県別訪問率ランキング」と照らし合わせると、検索トップ10と訪問率はおおむね比例している。しかし、検索2位の秋田と9位の高知は、訪問率では47都道府県中それぞれ40位と45位に甘んじる。

インフォキュービック・ジャパンは「県名が別のものの名称として使われている場合には、検索数が押し上げられている可能性がある」と分析。秋田はフィギュアスケートの平昌五輪金メダリスト、アリーナ・ザギトワ選手(ロシア)に秋田犬の子犬が贈られ、海外でも注目を集めたことが「AKITA」の検索につながり順位を押し上げたとみられる。高知はインドのケララ州の主要産業都市地コーチの英語表記と同じ綴りであることが影響しているようだ。

バナー写真 : 時事

この記事につけられたタグ:
  • [2018.11.29]
関連記事
このシリーズの他の記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告