SNS

最新記事

ニュース

More

シリーズ Japan Data
男女格差、日本は149カ国中の110位:女性議員少なく、閣僚はたった1人
[2018.12.20]

「女性活躍推進」の旗をふれども、男女平等からはほど遠い日本。

世界経済フォーラム(WEF)の2018年版「ジェンダー・ギャップ(男女格差)・レポート」で、日本は149カ国中110位だった。2017年より順位は4つ繰り上がったものの、G7諸国で断トツ最下位は変わらない。政府は成長戦略の一環として「女性活躍推進」を掲げるが、12年以降、100位以下での低迷が続いている。

同レポートは、女性の地位をめぐる各種の統計データを「政治への関与度」「経済活動への参加と機会」「教育」「保健」の4分野に分けて分析。男女平等が実現していれば「1」、完全不平等を「0」として点数化し、各国の順位を付けている。

日本は教育と健康では高得点だが、この2分野は世界の平均点も高いために順位を上げる要素になりづらい。むしろ、女性の政治参加が進んでいないことが低迷の最大の原因だ。18年10月に発足した改造内閣の女性閣僚は1人のみで、衆院の女性比率は10.1%にとどまっている。経済分野では、賃金格差と管理職比率で低スコアだった。

G7(先進7カ国)では、12位のフランスがトップ。以下ドイツ(14位)、英国(15位)、カナダ(16位)、米国(51位)、イタリア(70位)と続き、100位圏内に食い込めなかったのは日本だけだった。

順位 スコア
1 アイスランド 0.858
2 ノルウェー 0.835
3 スウェーデン 0.822
4 フィンランド 0.821
5 ニカラグア 0.809
51 米国 0.72
75 ロシア 0.701
103 中国 0.673
108 インド 0.665
110 日本 0.662
115 韓国 0.657

世界経済フォーラムの公表資料から一部抜粋

バナー写真:PIXTA

この記事につけられたタグ:
  • [2018.12.20]
関連記事
このシリーズの他の記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告