SNS

最新記事

ニュース

More

[ニュース]藤井五段がプロ初優勝=史上最年少、六段に-将棋・朝日杯、準決勝は羽生2冠破る
[2018.02.17]

将棋の最年少棋士の藤井聡太五段(15)が17日、東京都内で行われた第11回朝日杯将棋オープン戦決勝で広瀬章人八段(31)に117手で勝ち、プロ入り後初の優勝を手にした。

15歳6カ月での優勝は、加藤一二三・九段(78)が持つ一般棋戦の最年少優勝記録(15歳10カ月)を63年ぶりに更新する新記録。また、「五段昇段後全棋士参加棋戦優勝」という規定を満たし、六段に昇段した。1日に五段になったばかりで、わずか16日でのスピード昇段となった。

藤井六段は1月の準々決勝で佐藤天彦名人(30)に勝利。17日午前からの準決勝も、永世7冠を達成した将棋界の最高峰、羽生善治2冠=竜王、棋聖=(47)を押し切り、タイトル保持者を立て続けに破る快挙を成し遂げていた。

朝日杯将棋オープン戦準決勝で対局する羽生善治2冠(左)と藤井聡太五段=17日午前、東京都千代田区

藤井六段は「まだ実感が湧いていないが、全棋士参加の棋戦で大きな結果が残せたことは自信になった。まだまだ足りない所が多いが、優勝できたことを励みにさらに頑張っていきたい」と話した。スピード昇段については「自分でも思ってもみなかったことで、驚いている」と語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2018.02.17]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告