SNS

最新記事

ニュース

More

角野栄子さんに国際アンデルセン賞
[2018.03.27]

「魔女の宅急便」などで知られる作家の角野栄子さん(83)が「児童文学のノーベル賞」と言われる国際アンデルセン賞の作家賞を受賞した。主催する国際児童図書評議会(本部スイス)の関係者から角野さんに26日、連絡が入った。日本人の同作家賞受賞は1994年のまど・みちおさん、2014年の上橋菜穂子さんに続き3人目。

2014年4月に旭日小綬章の受章が決まった当時、喜ぶ児童文学作家の角野栄子さん=神奈川県鎌倉市(時事)

角野さんは出版社勤務を経て、童話や児童文学の創作を始めた。野間児童文芸賞などを受賞した「魔女の宅急便」は宮崎駿監督によってアニメ映画化されたほか、実写映画にもなった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2018.03.27]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告