SNS

最新記事

ニュース

More

[ニュース]債務超過解消、上場維持=米WH資産譲渡で合意−東芝
[2018.01.18]

東芝は18日、経営破綻した米原発会社ウェスチングハウス(WH)の関連資産の譲渡契約を米投資家グループと結んだと発表した。今月末までにWHの債権譲渡を完了する予定で、売却益や税負担の軽減で資本が4100億円改善する。昨年実施した6000億円の資本増強と合わせ、2018年3月末で7500億円を見込む債務超過を解消できることになった。

東芝は米原発事業の巨額損失により、17年3月末で負債が資本を上回る債務超過に転落。今年3月末までに債務超過を解消できなければ、東証ルールに従い上場廃止だった。これで上場維持がほぼ確定し、最大の危機を回避した。

月内に完了するWH債権の譲渡では、売却益1700億円のほか、2400億円の税負担軽減が生じる見込み。WH株式は当局の承認を経て、別の米投資ファンドに3月末までに売却する計画。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2018.01.18]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告