SNS

最新記事

ニュース

More

[ニュース]李首相、来日前向き=尖閣潜水艦は平行線-河野外相が訪中
[2018.01.29]

【北京時事】河野太郎外相は28日、中国の李克強首相と北京の中南海で会談し、日本が議長国を務める日中韓3カ国首脳会談の今春開催と、それに伴う李氏の来日を招請した。李氏は「前向きに考える」と応じた。これに先立ち、河野氏は王毅外相と釣魚台迎賓館で約3時間半会談し、首脳往来推進や対北朝鮮での連携を確認。沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域を中国軍の潜水艦が航行した問題では、河野氏が再発防止を求めたものの、日中の主張は平行線をたどった。

李氏は席上、今年が日中平和友好条約締結40周年に当たることを踏まえ、「関係改善の勢いを強固にしたい」と表明。河野氏も「日中関係をさらに深める一年になるよう努力したい」と述べた。

外相会談では、「日中は協力のパートナーであり、互いに脅威とならない」ことを確認。王氏は李氏訪日について「早期実現を目指したい」と述べ、両国間で具体的調整を進めることとした。

河野氏は尖閣周辺での潜水艦航行について「日中関係改善を阻害しかねない事態を引き起こすべきではない」と改めて抗議。しかし、中国側は尖閣に関する領有権を主張して正当化を図り、河野氏は「受け入れられない」との立場を示した。両外相は、東シナ海で日中の偶発的衝突を防ぐ「海空連絡メカニズム」の早期運用開始に向けて努力することでは一致した。

北朝鮮の核・ミサイル問題で日本側は「引き続き圧力を高めていく必要がある」と強調。両外相は、国連安全保障理事会の制裁決議を完全に履行していくことを再確認した。

外相会談に合わせ、日中両政府は双方の駐在員らによる年金保険料の二重払いを解消するための社会保障協定の締結について実質合意した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2018.01.29]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告