SNS

最新記事

ニュース

More

[ニュース]北朝鮮非核化へ圧力継続=韓国に警戒促す−安倍首相と米副大統領が会談
[2018.02.08]

安倍晋三首相は7日午後、米国のペンス副大統領と首相官邸で会談し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し、最大限の圧力を継続する方針を確認した。両氏とも9日の平昌冬季五輪開会式に合わせ韓国を訪問する予定で、会談では北朝鮮への融和姿勢が目立つ韓国に警戒を緩めないよう促すことで足並みをそろえた。

会談後の共同記者発表で、首相は「北朝鮮の『ほほ笑み外交』に目を奪われてはいけないことを関係国に訴えていくことで一致した」と表明。ペンス氏も「地域を脅かしている現実を五輪の旗の背後に隠すことは許さない」と応じた。首相とペンス氏は訪韓時、文在寅大統領とそれぞれ会談する予定で、首相は「日米韓の強固な協力関係が揺るぎないことを示したい」と述べた。

会談では、北朝鮮の五輪参加で南北融和ムードが広がる中、北朝鮮が核開発を放棄するまで経済制裁を続ける方針で一致した。洋上での違法取引など北朝鮮の制裁逃れに対し、国連安全保障理事会決議の完全履行を確認。ペンス氏は「最大かつ最も強力な制裁を近く発表する」と表明した。

両氏は、平昌五輪・パラリンピック期間中見送られた米韓合同軍事演習実施の重要性で一致。ペンス氏は「すべての選択肢がテーブルの上にある」との米国の立場を改めて強調した。両氏は北朝鮮が非核化に向けた具体的行動を示さない限り、対話は無意味との考えを共有した。

沖縄県で米軍機のトラブルや事故が相次いでいることに関しては、米軍機の安全な運用が重要との認識で一致。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設をはじめ米軍再編の推進を確認した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2018.02.08]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告