SNS

記事カテゴリー

ニュース

More

[ニュース]安倍首相、日韓合意履行を要求=対北朝鮮で連携確認-文大統領と会談
[2018.02.10]

【平昌時事】安倍晋三首相は9日午後、平昌冬季五輪の開会式出席に先立ち、韓国の文在寅大統領と会場近くのホテルで約1時間会談した。首相は、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」をうたった2015年の日韓合意を着実に履行するよう要求。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮問題では、日米韓3カ国の連携を確認した。未来志向の日韓関係を目指す認識で一致した。

首相は会談の冒頭で日韓合意を取り上げ、「国と国との約束であり、政権が代わっても約束を守ることは国際的かつ普遍的に認められた原則だ。韓国側も合意の約束を全て実行してほしい」と迫った。

文氏は「元慰安婦や国民が(合意)内容を受け入れなかった。(慰安婦問題は)政府間の交渉で解決され得ることではない」と強調。「本当に解決するには、被害者の名誉と尊厳を回復し、日韓両政府が引き続き共に努力していかなければならない」と述べた。日本政府によると、文氏から「再交渉は求めない」との説明があった。

首相は会談後、記者団に「日本の立場を明確かつ詳細に伝えた」と明かした。その上で「国と国との約束は2国間関係の基盤だ。私と文大統領で未来志向の日韓関係をつくり上げていかなければならない、その認識を共有した」と述べた。

両首脳は、北朝鮮の非核化に向けて圧力を最大限まで高めていく必要があるとの認識で一致。首相は「(北朝鮮の)ほほ笑み外交に目を奪われてはならない。五輪後が正念場だ。北朝鮮が非核化に向けた真剣な意思と具体的な行動を示すことが極めて重要だ」と指摘した。

首相は「対話のための対話には意味がない」とも強調。北朝鮮船舶に洋上で物資を移す「瀬取り」と呼ばれる密輸を例に挙げ、「北朝鮮の制裁逃れへの対応が急務だ。日米韓3カ国で連携して対応を進めたい」と呼び掛けた。一方、文氏は「南北対話が国際協調を乱すというのは杞憂(きゆう)にすぎない。日本も積極的に対話に臨むよう望む」と述べた。

首相は会談後、記者団に「日米韓3カ国の強固な協力関係は決して揺らぐことはない。そのことを北朝鮮はしっかりと認識しなければならない」と語った。

両首脳は、日本が議長国を務める日中韓首脳会談の早期開催に向けた協力で一致した。 

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2018.02.10]
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告