SNS

最新記事

ニュース

More

改ざん、自身の指示否定=安倍首相、昭恵氏発言「ないと確認」-森友問題・参院委
[2018.03.14]

安倍晋三首相は14日の参院予算委員会集中審議で、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省決裁文書の改ざんについて、「私から文書の書き換えを指示したことは全くない」と全面的に否定した。麻生太郎副総理兼財務相も「指示したことはない」と改めて強調した。自民党の西田昌司氏への答弁。

首相夫人の昭恵氏が学園側に「いい土地ですから、前に進めてください」と発言したと改ざん前文書に記載されていたことについては、「妻に確認した。『そんなことは言っていない』ということだった」と説明した。

首相は国有地売却に関し「一切関わっていない」と重ねて主張し、「書き換え前の文書を見ても明らかだ」と述べた。麻生氏の進退に関しては「信頼回復に向け組織の立て直しに取り組んでほしい」と続投させる考えを重ねて示した。

参院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=14日午前、国会内

麻生氏は改ざんの動機について「佐川(宣寿前国税庁長官)の答弁と資料の間に齟齬(そご)や誤解を招かないことが主たる目的で、偉い方々を忖度(そんたく)したわけではない」と説明。財務省の太田充理財局長は佐川氏の答弁が「やや雑になってしまったものもある」と認めた。 

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2018.03.14]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告