SNS

最新記事

ニュース

More

最小級ロケット成功=衛星打ち上げ、再挑戦で−JAXA
[2018.02.05]

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3日午後2時3分、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所で、衛星用では世界最小級のロケット「SS520」5号機を打ち上げた。市販部品を使い低コストの打ち上げを目指したロケットで、7分半後に東京大の超小型衛星を地球周回軌道に投入。昨年1月に失敗した4号機に続く2回目の挑戦で、打ち上げに成功した。

打ち上げられた世界最小級のロケット「SS520」5号機=2018年2月3日午後、鹿児島県肝付町、©JAXA(時事)

5号機の責任者を務めたJAXAの羽生宏人准教授は記者会見で「うれしく、ほっとした」と表情を緩め、「日本製の民生(市販)部品が宇宙技術に転用できることを、1年遅れになったが示せたことは大事だ」と話した。

5号機は全長約9.5メートルで、日本の主力ロケットH2Aの5分の1以下の大きさ。超小型衛星の需要が増え、打ち上げ費用の安いロケットとして開発された。重さ4キロの物体を、高度2000キロ以下の低い軌道に打ち上げる能力がある。費用は約5億円。

JAXAは昨年1月に4号機を打ち上げたが、ロケットから飛行データが受信できなくなり失敗。データを送る装置の電源ケーブルが振動で機体とこすれて損傷し、ショートした可能性が高いことが分かり、配線ルートを見直すなどした。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2018.02.05]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告