SNS

最新記事

ニュース

More

[ニュース]選択的夫婦別姓求め提訴=「戸籍法の不備」訴え−サイボウズ社長ら・東京地裁
[2018.01.09]

結婚後もそれぞれの姓を名乗ることができる「選択的夫婦別姓」を認めない戸籍法の不備で精神的苦痛を受けたとして、ソフトウエア会社「サイボウズ」(東京)の青野慶久社長(46)ら4人が9日、国に計220万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

最高裁は2015年、夫婦同姓を定めた民法の規定は憲法に反しないと判断した。今回の訴訟は、民法ではなく戸籍法の合憲性を問う内容で、裁判所の判断が注目される。

訴状によると、外国人配偶者と結婚した日本人は原則として別姓となるが、戸籍法に基づく届け出をすることで相手の姓を名乗ることができる。また、戸籍法は日本人の夫婦が離婚した場合、婚姻時に選んだ相手の姓を継続して使うことも認めている。

原告側は「日本人同士が結婚した場合のみ別姓が許されていないのは不合理な差別だ」と主張。法の下の平等を定めた憲法14条などに違反すると主張している。

妻の姓に変更し、仕事では旧姓を使用する青野社長は提訴後の記者会見で、「男女かかわらず起きている問題で、経済合理性から見ても日本の損失になっていると訴えたい」と話した。代理人の作花知志弁護士は「当事者の望みは戸籍法の改正だ」と述べ、国会にも対応を求めた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2018.01.09]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告