SNS

最新記事

ニュース

More

[ニュース]各地で鎮魂の祈り=教訓継承、決意新たに-阪神大震災23年
[2018.01.17]

6434人が亡くなった阪神大震災は17日、発生から23年になった。兵庫県内の各地で追悼行事が営まれ、鎮魂の祈りがささげられた。被害が大きかった神戸市では震災を経験していない市民が4割を超える。南海トラフ巨大地震の脅威にも向き合う被災地は、記憶や教訓を語り継ぐ決意を新たにした。

神戸市中央区の公園「東遊園地」では、NPO法人などが追悼の集いを開き、約3万7000人が参加した。雨の中、「1995 伝 1.17」の字がかたどられた約7000本の竹灯籠に火がともされた。「伝」には震災を次の世代に伝える思いが込められている。地震発生時刻の午前5時46分には遺族らが黙とう。犠牲者の冥福を祈った。

阪神大震災の追悼行事で、雨が降る中、地震発生時刻に黙とうする人たち=17日午前5時46分、神戸市中央区(時事)

追悼式では、次男を亡くした同市の崔敏夫さん(76)が遺族を代表し、「震災体験者として語ることが私の原動力。息子の分まで頑張ることが私の使命だ」と追悼の言葉を述べ、記憶の継承に尽力することを誓った。

県なども正午前から、神戸市中央区の慰霊碑前で追悼式典を開催。黙とうをささげ、献花した。井戸敏三知事は「震災から得た教訓と経験を次世代へと伝え、安全安心な社会づくりに生かすことこそ、被災地兵庫の大きな使命だ」とあいさつ。県立舞子高校3年の後藤謙太さん(18)も式典で「震災を経験していない世代が語り継ぎを始め、過去の教訓を未来に生かしていかなければならない」と話した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2018.01.17]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告