SNS

最新記事

ニュース

More

[ニュース]白物家電、20年ぶり高水準=高機能製品が好調−17年出荷額
[2018.01.25]

日本電機工業会(JEMA)が24日発表した2017年の白物家電国内出荷額は、前年比2.0%増の2兆3479億円だった。省エネルギーや家事にかける時間を減らせる高機能な製品を中心に2年連続で伸び、1997年以来20年ぶりの高水準となった。

品目別では、エアコンが6.2%増の7232億円、洗濯機が2.7%増の3277億円と伸びた。エアコンは省エネ性能の高い製品、洗濯機は忙しい共働き家庭などの需要を反映し、まとめ洗いで時間を短縮できる高価な大容量モデルが好調だった。冷蔵庫は0.8%減の4237億円となったが、台数ベースでは中小型が伸び、前年を上回った。

JEMAは白物家電について、「機能を絞った低価格製品、高価格な高機能製品とも好調だ」(調査統計課)と分析。家電量販店のビックカメラは「高くても良い製品は買うという消費者が増えている」(広報担当)と説明している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2018.01.25]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告