SNS

最新記事

ニュース

More

[ニュース]「組市松紋」ア案に決定=20年東京五輪・パラの大会マスコット
[2018.02.28]

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は28日、大会マスコットを発表し、最終候補3作品から「組市松紋」を特徴とするキャラクターのア案が選ばれた。小学校の学級単位による投票で最多の10万9041票を集めた。マスコットを子供の投票で決めるのは五輪史上初めて。

ア案は五輪、パラリンピックともにキャラクターが大会エンブレムに似た日本伝統の組市松紋に似た模様で身を包んでいる。作者でイラストレーターの谷口亮氏(43)は「頭の中が真っ白。何を言えばいいか分からない」と喜びを語った。

2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコット(組織委員会提供)

組織委は昨年12月7日にマスコットの最終候補3作品を発表。同11日から投票を受け付け、今年2月22日の締め切りまでに海外の日本人学校も含め合計1万6000校以上、約20万学級が参加した。マスコット審査会(座長・宮田亮平文化庁長官)は最多得票のア案の採用を承認した。イ案は6万1423票、ウ案は3万5291票だった。

東京都品川区の小中一貫校、豊葉の杜学園の体育館で行われた発表会では、児童が3作品ごとの得票数を示すボードの目隠しシートを取り外し、ア案が最多票を得たことが明らかに。500人以上の児童が大歓声を上げた。

今後はマスコットの名前の検討を進め、8月ごろに正式発表する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2018.02.28]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告