SNS

最新記事

ニュース

More

[ニュース]阿蘇山で火口見物再開=3年半ぶり、観光復活に期待-熊本
[2018.03.03]

熊本県の阿蘇山・中岳第1火口周辺の立ち入り規制が2月28日に解除された。火山活動の活発化で2014年8月に規制されて以来、約3年半ぶりに火口見物が再開された。

中岳の火口見物は、規制前には年間約100万人が訪れていた人気スポット。熊本地震で低迷が続く阿蘇観光復活の切り札として、観光客の増加が期待される。この日の朝は濃霧による視界悪化のため、見物はお預けとなった。

阿蘇山・中岳の濃霧発生を受け、火口周辺に通じる道路の入り口ゲートを閉じる関係者ら=2018年2月28日午前、熊本県阿蘇市(時事)

解除は火口から半径約1キロの範囲。14年8月に噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)となり、立ち入り規制が続いていた。16年10月には36年ぶりに爆発的噴火が発生。レベル3(入山規制)に引き上げられたが、17年2月にはレベル1(活火山であることに留意)に。地元自治体などでつくる阿蘇火山防災会議協議会は、火山ガスに対する安全確保策などが整ったとして解除を決めた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2018.03.03]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告