SNS

最新記事

ニュース

More

[ニュース]男性72.14歳、女性74.79歳=2016年「健康寿命」−厚労省発表
[2018.03.09]

厚生労働省は9日、健康上の問題がなく、日常生活が制限されることなく送れる期間を示す「健康寿命」について、2016年は男性72.14歳、女性74.79歳だったと発表した。前回調査の13年と比べ、男性は0.95歳、女性は0.58歳延びた。男性のトップは山梨県の73.21歳で13年に続き1位。女性は愛知県の76.32歳。

16年の平均寿命は男性80.98歳、女性87.14歳。健康寿命を超え日常生活に支障がある期間は、13年より男性は0.18年、女性は0.05年短くなった。

都道府県別の順位では、第2位は男性が埼玉の73.10歳、女性が三重の76.30歳。最下位は男性が秋田の71.21歳、女性が広島の73.62歳だった。熊本県は地震の影響で調査は未実施。

健康寿命は3年ごとに算出され、10、13年に続き公表は3回目。28万9470世帯約71万人を対象とした国民生活基礎調査を基に算出された。「あなたは現在、健康上の問題で日常生活に何か影響がありますか」などの質問の回答を基に推計した。

10〜16年の計3回の調査の平均では、男女ともに山梨県が第1位で、男性72.31歳、女性75.49歳。男性は2位が愛知、3位が静岡。女性は2位が静岡、3位が愛知だった。

この3県では、健康に対する啓発活動が活発で、がん健診の受診率が高いことなどが要因として考えられるという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2018.03.09]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告