SNS

最新記事

ニュース

More

高知市で桜満開=全国で統計史上最速-福岡、名古屋など開花
[2018.03.19]

気象庁は19日午後、高知市・高知城にある桜(ソメイヨシノ)の標本木が満開になったと発表した。この標本木は15日、今春全国で最も早く開花していた。ソメイヨシノの標本木の満開としては、1953年の統計開始以来、全国で最も早い。

気象庁は標本木の花芽が約80%以上開花した場合、満開としている。高知の満開は平年より11日早く、昨年より18日早かった。

満開になった高知城の桜(ソメイヨシノ)の標本木=19日午後、高知市

全国でこれまで満開が最も早かったのは、現在も観測を続けている地点では3月21日で、2002年に東京都千代田区、10年に高知市で観測した。現在観測していない地点では、鹿児島県西之表市(種子島)の3月20日(73年)が最も早かった。

3月に入って暖かい日が多い影響で、今春の開花は急ピッチで進んでいる。17日の東京都千代田区の開花は平年より9日早かった。19日は福岡市、松山市、名古屋市、岐阜市、横浜市で開花した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2018.03.19]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告