今や“炙り”! 「かき氷」がふわふわと進化中【平成最後の夏】

・頭がキーンとするかき氷から進化!平成30年間の変遷を振り返る
・天然氷を使用した「ふわふわ系かき氷」に大行列
・「かきごおりすと」という言葉がうまれるなど、今なおブームは続いている

「今年の夏は例年以上に暑い」毎年そんなフレーズを、耳にしていると思うが、それにしたって暑い。そんな夏も、来年からは元号を変えてやってくる。

「平成最後の夏」思えばあっという間だったように感じるかもしれないが、この30年間の内に様々なものが移り変わっていった。お祭りや縁日、海の家などでの定番、夏の風物詩である「かき氷」も、その1つだ。

実はかき氷の歴史は意外にも古く、最も古い記録だと、平安時代まで遡るという。清少納言が記した有名な随筆集「枕草子」に「削り氷」という名で出てくるのだ。

1000年以上もの歳月が経過しているが、その歴史の大部分においてかき氷は、高級品として珍重されていた。日本に製氷技術ができたのは、昭和に入ってからのことだったからだ。

そんなかき氷は、平成という時代の中で、多種多様な進化を遂げてきた。

「平成のかき氷」を振り返る

日本では「スイーツブーム」が度々、列島各地で巻き起こる。たとえば、1990年(平成2年)の「ティラミス」、1993年(平成5年)の「ナタデココ」、2004年(平成16年)の「マカロン」、2011年(平成23年)の「パンケーキ」などがそれにあたる。

上にあげたスイーツブームがその年のみで収束していく傾向だったのに対し、かくいう、かき氷はというと、年が経つごとに進化しており、今なおブームの渦中にあると言える。

子供の頃、お祭りに出かけた際に、必ずと言っていいほど購入していた、屋台の「かき氷」。先が切れ、スプーン状になったカラーストローで食べるという行為にテンションが上がった。

そして、何口も食べていると頭がキーンと痛み出す「アイスクリーム頭痛」は、この時代のかき氷ならではのものだ。

プラスチックのストローで、かき氷を食べる子供

シロップは有名どころで、「いちご」や「ブルーハワイ」「レモン」などが定番だろうか。ちなみに、そういったシロップをかけるのではなく、「スイ」という砂糖水をかけて頂くスタイルも存在する。

ふわふわ系の登場

そんな「シロップ+氷」のシンプルな構成だったかき氷業界だが、FIFA女子ワールドカップで「なでしこジャパン」が初の世界一を手にした2011年(平成23年)に革命が起きる。

これまでのシンプルなかき氷のイメージから一新し、天然氷を使用した「ふわふわ系かき氷」と呼ばれるものを売り出す、かき氷専門店があちこちで出店され始めたのだ。山盛りに器に乗せられたその見た目は、さながら綿あめのようでもある。

ふわふわ系かき氷イメージ

これを皮切りに、テレビや雑誌で「かき氷」について取り上げられる機会が増加。その結果、「ふわふわ系かき氷」という名前は一気に広まっていった。

かき氷専門店の中には、開店前に整理券を配布し、数時間待たなくてはいけないこともざらにあるほど、かき氷ブームは加速していった。

日本に上陸した「台湾」のかき氷

そして、日本のかき氷ブームに拍車をかけるように登場したのが、海外からの刺客「台湾かき氷」だ。

マイナンバー制度が始まった2015年(平成27年)前後、台湾に本店を持つ「かき氷専門店」がいくつも、東京に支店を構え始めたのだ。

氷自体に味がついており、各種フルーツやコーヒー、紅茶などそのままの味を再現した氷「フレーバーアイスブロック」を使用し、ふわふわを超える「ふわっふわ」かき氷に仕上げるという、これまでの日本にはなかった台湾かき氷は、瞬く間にかき氷界を席巻していった。

台湾かき氷の中でも、やはり人気なのは台湾名物である「マンゴー」を使った、マンゴーかき氷だ。マンゴーのアイスブロックにマンゴーのシャーベットを盛りつけ、さらにマンゴーソースをかけてある、これでもかというほどにマンゴーをふんだんに使用した一品。

マンゴーかき氷イメージ

その後、マンゴーを使ったかき氷は、都内を始めとし、爆発的に人気を呼び、各地の店でも売り出されるようになった。

かき氷界の新星「炙りかき氷」

そして、平成最後の夏である今年2018年(平成30年)話題になっているのが、その名もずばり、「炙りかき氷」。

「かき氷を…炙る!?」

氷を温めたら水へ戻るに決まっている。そんな固定概念をぶっ壊したこのネーミング。
そもそもの話として、温かいのか冷たいのか。

疑問だらけで気になる「炙りかき氷」を出しているのは、青山にある「INTERSECT BY LEXUS - TOKYO」だ。

ベースとなる氷は、自然の寒さでゆっくりと凍結させた、純度の高い軽井沢産の天然氷を使用し、ふわふわとした食感が特長だ。純度が高いため、頭もキーンとなりにくい。

その氷を覆うように、百年リンゴの果汁を含ませたメレンゲの、エスプーマをたっぷりとかけてある。エスプーマとは、液状の食材をムース上にする料理法のことだ。その上からガスバーナーで炙っていく。

リンゴと砂糖、卵白を絶妙なバランスで混ぜ合わせ、エスプーマ内の密度を上げることで、氷まで熱を通さずに、エスプーマの表面だけを炙ることができるとのこと。スライスしたリンゴも忍ばせており、食感の変化も楽しめる。

“温”と“冷”が共存する、話題のかき氷は、税込1,000円で楽しめる。

今では、かき氷を食べる人・作る人・楽しむためのリストなどを総称した「かきごおりすと」という造語も出てきている。「ふわふわ系かき氷」が出始めた2011年から2018年の今に至るまで、かき氷ブームが根強く残っていることが分かる。

次の元号では、どのような進化を遂げた、かき氷に出会えるのだろうか。
想像はいろいろと膨らむが、正直こんなに暑すぎる夏はもう、こおりごりである。

(FNNプライムオンライン7月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

観光 スイーツ FNNニュース かき氷