日本三景 松島:伊達家ゆかりの「五大堂」「瑞厳寺」「円通院」を訪ねる

・政宗が再建した松島のシンボル「五大堂」
・大改修を終えた「瑞巌寺(ずいがんじ)」の本堂は必見
・「円通院」で庭園を眺め、数珠作り体験を

東北最古の桃山建築「五大堂」

木造の橋を渡った小さな島にお堂が建つ

俳聖・松尾芭蕉が「おくのほそ道」の旅で訪れ、絶景に感嘆したという松島。そのシンボル的な存在である五大堂は、海に突き出すように、朱色の橋でつながれた小さな島に建つ。現在のお堂は、仙台藩祖・伊達政宗が1604年に造営したもので、東北地方に現存する最古の桃山建築となっている。

屋根の下に透かし彫りされた十二支の戌(いぬ)

お堂の4面には、方角に従って十二支の彫刻が施されている。繊細な透かし彫りの手技によって、竜や猿など動物たちの姿が見事に浮かび上がる。

【DATA
五大堂

  • 住所:宮城県宮城郡松島町松島町内111
  • アクセス:JR「松島海岸駅」から徒歩10
  • TEL022-354-2023(瑞巌寺)
  • 開館時間:午前8時~日没
  • 定休日:なし
  • 料金:無料

名工たちが築いた伊達家の菩提(ぼだい)寺「瑞巌寺」

荘厳(そうごん)な雰囲気をまとう本堂 写真提供:瑞巌寺

828年に慈覚大師円仁(じかくたいしえんにん)が開山し、1609年に伊達政宗が再興した瑞巌寺。130人もの名工が諸国から招かれ、当時の最高の材料と最新の技術を用い、5年の歳月をかけて完成させたという。境内に現存する本堂と庫裏(台所)は国宝に指定されている。

孔雀を描いた襖絵が見事な「室中孔雀の間」 写真提供:瑞巌寺

政宗の高い美意識を体感できる本堂は、6年半の大改修を終えて2016年に拝観を再開。内部にある10室の襖(ふすま)や床の間は、きらびやかな金箔(きんぱく)で飾られ豪華絢爛(けんらん)。松と孔雀(クジャク)、紅白のツバキ、天女なども美しく描かれている。

【DATA
瑞巌寺

  • 住所:宮城県宮城郡松島町松島町内91
  • アクセス:JR「松島海岸駅」から徒歩7
  • TEL022-354-2023
  • 開館時間:4月~9月:午前8時~午後430分、3月と10月:午後4時まで、12月~1月:午後3時まで、 2月と11月:午後330分まで(閉門は各30分後)
  • 定休日:なし
  • 料金:大人700円、小・中学生400
  • 多言語対応:ホームページ=英語パンフレット=英語/中国語(繁体)/韓国語 

静寂に満ちた枯山水の庭が美しい「円通院」

雲外天地の庭。境内には他にも3つの庭園がある

本堂からさらに奥まった場所に建つ三慧殿 写真提供:円通院

19歳の若さで亡くなった政宗の孫、光宗の霊廟(れいびょう)「三慧殿」がある円通院。厨子(ずし)の扉にはバラやクローバーが描かれており、西洋文化の影響がうかがえる。境内には4つの庭園があり、松島の絶景を模した石庭「雲外天地の庭」や、バラが咲くバロック風の「白華峰西洋の庭」など趣がそれぞれ異なる。秋には紅葉ライトアップも開催され、見物客でにぎわう。

持っているだけで功徳があるという数珠。体験料金は1000円から

禅寺らしい落ち着いた雰囲気の本堂では、オリジナルの数珠作りが体験できる。木箱の中には天然石を中心に、ガラスやプラスチックの数珠玉が色とりどりに並び、好きな石や色を選んで作成していく。天然石コースに参加すれば、使用した石が持つ効力や暗示する未来について解説してもらえる。

【DATA
円通院

  • 住所:宮城県宮城郡松島町松島町内67
  • アクセス:JR「松島海岸駅」から徒歩5
  • TEL022-354-3206
  • 開館時間:午前830分~午後5時(123月は午前9時~午後4時)、数珠作り体験は午前9時~午後4時(123月は午後3時まで)
  • 定休日:なし
  • 料金:大人300円、高校生150円、小・中学生100
  • 多言語対応:パンフレット=英語/中国語(簡体)/韓国語、スタッフによる案内=土などの週末を中心に英語対応の場合あり 

取材・文・写真=シュープレス
(バナー写真=松島のシンボル的存在である五大堂。写真:シュープレス)

観光 神社仏閣 東北 宮城 日本三景