「地方創生」―地域の未来をつくる力

少子高齢化や過疎化にともなう地方の人口減少・産業衰退対策として、安倍政権は「地方創生」を重要なテーマに掲げる。真の意味での「地域活性」とはどうあるべきなのか。いくつかの視点から考察する。

地方は生き残るために、稼ぐ事業と政策を組み立てよ <後篇>

人口減少社会にあって、急務の一つとされるのが地方活性化である。だが、従来型の補助金頼みの地域開発では、これまでの数多くの失敗例と同じ轍を踏むことになってしまう。
more

地方は生き残るために、稼ぐ事業と政策を組み立てよ<前編>

人口減少社会にあって、急務の一つとされるのが地方活性化である。だが、従来型の補助金頼みの地域開発では、これまでの数多くの失敗例と同じ轍を踏むことになってしまう。
more

人口急減社会、国・地方はどのように対応するべきか—北海道から考える山崎 幹根

今後25年で、8割の市町村で30%以上の人口減少が見込まれるという北海道。現状は厳しいが、独力で個性的なまちづくりを実践する自治体も出てきている。
more

「Iターン」と地域活性化——海士町の挑戦宇野 重規

島根県沖の離島が「地方創生」の成功例として注目を集めている。過疎化と財政危機に追い詰められていた人口2300人の自治体が、一転して活力あふれるコミュニティーづくりに成功するまでの挑戦を紹介する。
more

関連記事

ピックアップ動画

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告