SNS

最新記事

ニュース

More

「移民」と日本社会

政府は閣議決定した「骨太の方針2018」で、外国人労働者の受け入れ拡大にかじを切った。少子高齢化に伴う日本社会の労働力不足を直視し、今後は「就労目的」の外国人滞在を認める方針だ。それは同時に、日本人が生活者としての外国人と共生し、社会の一員として受け入れていくことも意味する。

日本農業が生き残るために:外国人材活用の現状と課題青山 浩子

農業の深刻な人手不足に対処するため、政府は外国人技能実習の研修期間延長や戦略特区での外国人就労解禁を決め、「骨太の方針」では農業も外国人材受け入れ拡大の対象分野に含めた。今後、受け入れ体制整備や労働生産性向上へのさらなる取り組みが求められる。
more

変革期を迎えた日本の外国人労働者政策:“非高度”人材も受け入れへ加藤 真

経済財政運営改革の「骨太の方針2018」で、政府は就労目的の外国人受け入れ拡大に大きく舵を切った。これまでの政策の実態と、今後どう変わっていくのかを詳しく解説する。
more

「骨太の方針」: 外国人労働者受け入れ拡大を「成功」に導くために岡部 みどり

外国人労働者受け入れ拡大の下で、今後いかに多くの外国人との共生を図れるか。必要とされるのは、効果的な出入国管理戦略や外国人、日本国民双方の便宜を調整するバランス感覚を持つ政策だ。
more

関連記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告