Japan Data

赤ちゃん最少の91万人 : 自然減初の40万人超―人口動態統計

社会 暮らし 経済・ビジネス

厚生労働省の人口動態統計によると、2018年の出生数は3年連続で100万人を割り込み、史上最少を更新。一方で、高齢化により死亡数が増え、人口減が加速している。

厚生労働省が発表した人口動態統計(概数)によると、2018年に生まれた赤ちゃんの数(出生数)は、前年より2万7668人少ない91万8397人だった。1人の女性が生涯に産む子どもの数にあたる合計特殊出生率は、前年より0.01少ない1.42となった。

日本の人口動態

2018年(概数) 2017年(確定) 2016年(確定)
出生数(人) 91万8397 94万6065 97万6978
合計特殊出生率 1.42 1.43 1.44
死亡数(人) 136万2482 134万0397 130万7748
自然増減(人) ▲44万4085 ▲39万4332 ▲33万0770
婚姻数(件) 58万6438 60万6866 62万0531
離婚数(件) 20万8333 21万2262 21万6798

厚生労働省の人口動態統計をもとに編集部作成

高齢化が進んでいるため、年間の死亡数は136万2482人と、戦後最多となった。自然減はこれまで最大の44万4085人で、人口減少のペースが加速している。

日本の出生数は終戦直後の第1次ベビーブーム(1947~49年)には250万人、第2次ベビーブーム(71~74年)には200万人を超えていたが、その後は一貫して減り続け、2007年には死亡数が出生数を上回った。第2次ベビーブーム世代も40歳代半ばとなり、出産適齢期から外れつつあるため出生数の下降傾向は今後も続くとみられている。

婚姻数は前年より2万件以上減って58万6438組。人口1000人あたりの婚姻数は年4.7組で、戦後最少を更新した。

バナー写真 : PIXTA

少子化 高齢化 人口 厚生労働省 人口減少 高齢社会 人口動態統計