Japan Data

フィギュア羽生結弦選手の主な戦績 : 2019年GPファイナル、全日本とも2位

スポーツ 文化 社会

フィギュアスケートの2019年のグランプリファイナル(イタリア・トリノ)は、羽生結弦選手は291.43点で2位。フリーの演技では4種5本の4回転ジャンプを着氷させたが、優勝したネーサン・チェン選手とは40点以上の点差をつけられた。2010年のシニアデビューからの羽生選手の主な成績を振り返る。

羽生選手が出場した主な大会と成績。SPはショートプログラム、FSはフリースケーティング。表中は敬称略。

2019-20

  • SP 「秋によせて」 振付 : ジェフリー・バトル
  • FS 「オリジン」 振付 : シェイ=リーン・ボーン
  • 四大陸選手権では平昌五輪で金メダルを獲得したSP「バラード」、FS「SEIMEI」にプログラムを変更
四大陸選手権 優勝(299.42) SPは111.82点で自身が持つ世界歴代最高点を更新。FSは4回転でミスが出た
全日本選手権 2位(282.77) SP1位も、FSでジャンプのミスなど目立ち、宇野昌磨に敗れる
GPファイナル 2位(291.43) ネーサン・チェン(米国)が自身が持つ世界最高得点を更新する335.30点で3連覇
GP NHK杯 優勝(305.05)  
GP スケートカナダ 優勝(322.59)  

2018-19

  • SP 「秋によせて」 振付 : ジェフリー・バトル
  • FS 「オリジン」 振付 : シェイ=リーン・ボーン
世界選手権 2位(300.97) 18-19シーズンの最高得点323.42点を出したネーサン・チェンに敗れる
GPファイナル 欠場 ロシア杯の負傷が回復せずに欠場
GP ロシア杯 優勝(278.42) フリー前日の公式練習で4回転ループの着氷に失敗して転倒、右足首負傷。フリーは痛み止めの薬を飲んで臨み、優勝。
GP フィンランド大会 優勝(297.12)  

2017-18

  • SP「バラード第1番ト短調 / ショパン」 振付 : ジェフリー・バトル
  • FS「SEIMEI / 映画・陰陽師」 振付 : シェイ=リーン・ボーン
  • 五輪連覇で2018年7月国民栄誉賞(23歳での受賞は個人最年少)
平昌五輪 金メダル(317.85) ソチ五輪に続く2連覇。男子フィギュア五輪連覇は48年サンモリッツ、52年オスロを制したディック・バトン(米国)以来66年ぶり。右足首負傷で2カ月練習ができず、直前1カ月の練習で奇跡の復活
GP NHK杯 欠場 開幕前日の公式練習で4回転ルッツで転倒、右足首負傷で欠場
GP ロシア杯 2位(290.77) フリーで初めて4回転ルッツ成功

2016-17

  • SP「Let's Go Crazy / プリンス」 振付 : ジェフリー・バトル
  • FS「Hope&Legacy / 久石譲」 振付 : シェイ=リーン・ボーン
世界選手権 優勝(321.59) 3年ぶり2度目の優勝 フリーで世界歴代最高点の223.20をマーク
4大陸選手権 2位(303.71) ネーサン・チェン(米国)に敗れる
全日本選手権 欠場 インフルエンザに罹患
GP ファイナル 優勝(293.90) GPファイナル史上初の4連覇
GP NHK杯 優勝(301.47)  
GPスケートカナダ 2位(263.06)  

2015-16

  • SP「バラード第1番ト短調 / ショパン」 振付 : ジェフリー・バトル
  • FS「SEIMEI / 映画・陰陽師」 振付 : シェイ=リーン・ボーン
世界選手権 2位(295.17) ハビエル・フェルナンデス(スペイン)の2連覇
全日本選手権 優勝(286.36)  
GPファイナル 優勝(330.43) 自らが出した史上最高得点を更新し、史上初のGPファイナル3連覇。エキシビジョンでは4回転ループ成功させる
GP NHK杯 優勝(322.40) 史上初の300点超え
GPスケートカナダ 2位(259.54) 優勝はパトリック・チャン(カナダ)

2014-15

  • SP「バラード第1番ト短調 / ショパン」 振付 : ジェフリー・バトル
  • FS「オペラ座の怪人」 振付 : シェイ=リーン・ボーン
世界選手権 2位(271.08) 全日本優勝後、腹部の手術と右足首捻挫で2カ月間練習できなかった。優勝はハビエル・フェルナンデス(スペイン)
全日本選手権 優勝(286.86) 全日本3連覇
GPファイナル 優勝(288.16) GPファイナル2連覇
GP NHK杯 4位(229.80)  
GP 中国杯 2位(237.55) フリー前の練習で中国の選手と激突、頭部と太ももにけが

2013-14

  • SP「パリの散歩道」 振付 : ジェフリー・バトル
  • FS「映画ロミオとジュリエットより」 振付 : デヴィッド・ウィルソン
世界選手権 優勝(282.59) 日本男子の優勝は10年の高橋大輔以来2人目。同一シーズンでGPファイナル、五輪、世界選手権の3冠は01-02シーズンのヤグディン(ロ)に次いで2人目
ソチ五輪 金メダル(280.09) SP国際大会で史上初の100点超え。フィギュア日本男子初の金メダル。紫綬褒章を受章
全日本選手権 優勝(297.80) 国内参考記録でSP初の100点超
GPファイナル 優勝(293.25) GPファイナル初優勝。SPでこの時点での世界最高得点99.84
GPフランス杯 2位(263.59) 優勝はパトリック・チャン(カナダ)
GPスケートカナダ 2位(234.80) 優勝はパトリック・チャン(カナダ)

ソチ五輪でのSPの演技(時事)
ソチ五輪でのSPの演技(時事)

2012-13 

  • ブライアン・オーサー氏に師事 拠点をトロントに移す
  • SP「パリの散歩道」  振付 : ジェフリー・バトル
  • FS「ノートルダム・ド・パリ」 振付 : デヴィッド・ウィルソン
世界選手権 4位(244.99) SP9位で出遅れ、フリーでも取り戻せず
4大陸選手権 2位(246.38)  
全日本選手権 優勝(285.23)
GP ファイナル 2位(264.29) GPファイナルで初の表彰台。高橋大輔が日本男子初のGPファイナル優勝
GP NHK杯 優勝(261.03)  
GP スケートアメリカ 2位(243.74) SPで当時の世界最高得点を出すもフリーで失速。表彰台は優勝小塚崇彦、3位町田樹で日本勢が表彰台独占

2011-12

  • SP「悲愴」 振付 : 阿部奈々美
  • FS「ロミオ+ジュリエットより」「Plunkett&Macleaneより」 振付 : 阿部奈々美
世界選手権 3位(251.06) 優勝はパトリック・チャン(カナダ)、2位高橋大輔
全日本選手権 3位(241.91)
GP ファイナル 4位(245.82) GPF初進出
GP 中国杯 4位(226.53)  
GP ロシア杯 優勝(241.66) GPシリーズ初勝利。2位は0.03差でハビエル・フェルナンデス(スペイン)

2010-11

  • SP「白鳥の湖より ホワイト・レジェンド」 振付 : 阿部奈々美
  • FS「ツィゴイネルワイゼン」 振付 : 阿部奈々美
4大陸選手権 228.01(2位)  
全日本選手権 220.06(4位)  
GP ロシア杯 202.66(7位)  
GP  NHK杯 207.72(4位) シニアデビュー戦

バナー写真:平昌五輪でのFSの演技(時事)

羽生結弦 フィギュアスケート 金メダル グランプリシリーズ