Japan Data

接触8割削減のための10のポイント : 感染拡大阻止で専門家会議が提示

社会 暮らし 医療・健康

自由に出掛けられない、友だちと会えない、家にこもりきりで退屈だ! それは「私」だけでなく、日本中のみんな、世界中の人たちが感じていること。自由で楽しい毎日を取り戻すために、今が踏ん張りどころ。

緊急事態宣言の発令から2週間が経過したが、新型コロナウイルス感染症の拡大が続いている。政府の専門家会議は感染拡大阻止のためには「人と人との8割の接触削減が必要」として、日常生活の指針となる10のポイントを公表した。

ビデオ通話でオンライン帰省

スーパーは1人または少人数ですいている時間に

ジョギングは少人数で、公園はすいた時間・場所を選ぶ

待てる買い物は通販で

飲み会はオンラインで

診療は遠隔診療

筋トレやヨガは自宅で動画を活用

飲食は持ち帰り、宅配も

仕事は在宅勤務

会話はマスクを着けて

専門家会議は「手洗い、せきエチケット、換気や健康管理も同じように重要」とした上で、「あなたと身近な人の命を守れるよう、日常生活を見直してみましょう」と呼び掛けている。

バナー&文中画像は全て「いらすとや」提供

感染症 パンデミック 新型コロナウイルス 緊急事態宣言 接触削減 専門家会議