Japan Data

外出自粛に87.4%が応じる : 日本財団18歳意識調査

医療・健康 暮らし 社会

いつもとは違うゴールデンウイーク。せっかくの大型連休なのに、旅行にも行けないし、友だちとも遊べない。でも、自由で楽しい日々を取り戻すには、今が頑張りどころ。日本財団の調査では、若い世代も外出自粛の努力をしているようです。

新型コロナウイルスの感染拡大で、全国に緊急事態宣言が発令されている。不要不急の外出の自粛が求められ、多くの地域で学校は3月から休校が続いている。若者はこの事態をどう受け止めているのだろうか。

日本財団が17~19歳1000人を対象に4月21~23日に実施した調査では、「全く外出しなかった」人も含めて、 87.4%が政府や自治体などからの外出自粛要請に応じていた。

「応じた」理由としては、「感染したくない」「感染して家族や他人にうつしたくない」が群を抜いて多かった。一方、「応じなかった」人の中には、ストレスやヒマを理由に挙げる人がいた。

  応じた理由
1 感染したくない 74.8
2 感染すると家族や他人にうつすおそれがある 68.1
3 政府や自治体から自粛要請があった 28.3
4 感染拡大による混乱が連日報道されている 19.5
5 その他 2.4

出所 : 日本財団「18歳意識調査」

  応じなかった理由
1 職場・アルバイト先が通常営業 42.9
2 外出が必要なケースが多かった 38.9
3 ストレスがたまる 20.6
4 自粛要請であり、強制ではない 15.9
5 学校や職場が休みでヒマ 12.7

出所 : 日本財団「18歳意識調査」

「感染拡大で不安なこと」について聞いたところ、「いつ収束するかわからない」が69.1%で最も多かった。

81.3%の人が、感染症に関連する情報を積極的に集めようとしていた。情報との向き合い方は、「できる限り多くの情報を集める」が49.4%でトップだったが、「情報をうのみにしない」「公的機関の発表重視」も40%以上となっており、フェイクニュースなどに惑わされないように心掛ける姿勢も見られた。

「収束後、日本がどう変わるべきか」については、「一人ひとりが自分を守る意識を持つ」が過半数を占めた。

バナー写真 : PIXTA

日本財団 パンデミック 新型コロナウイルス 緊急事態宣言 ステイホーム Stay Home