Japan Data

国債依存度45.4%に上昇 ―20年度補正予算成立 : 遠のく財政再建

経済・ビジネス 政治・外交 社会

新型コロナウイルスの感染拡大による経済の停滞などに対応するため、全国民に現金10万円給付するために組み替えた2020年度補正予算が成立した。当初予算段階では31.7%だった国債依存度は45.4%に跳ね上がった。しかし、経済停滞による税収の減額補正や、今後、さらなる追加経済対策が必要になれば、国債依存はリーマン・ショック後の2009年以来の50%超えの可能性もある。

全国民への現金10万円の一律給付を盛り込むために組み替えた2020年度補正予算が4月30日、成立した。補正予算の総額は25兆6914億円で、10万円給付費用として12兆8803億円を計上した。組み替えにより増えた歳出の財源は全て赤字国債の追加発行で賄う。20年度補正の赤字国債発行額は23兆3624億円で、補正として過去最大の発行額となる。

補正後の新規国債発行額は58兆2476億円となり、過去最大を更新。歳入に占める借金の割合(国債依存度)は当初予算段階では31.7%、幻の補正段階では41.3%だったが、組み換えの補正では45.4%となった。

補正予算には、経済の停滞による税収減は織り込まれておらず、今後、歳入の減額補正があれば、国債依存はさらに高まる。麻生太郎財務相は、28日の衆院財務金融委員会で「50%を超えるのは間違いない」との認識を示した。50%を超えれば、リーマン・ショック後の2009年度の51.5%以来となる。

バナー写真 : ぱくたそ

財務省 国債 予算 新型コロナウイルス 緊急事態宣言 国債依存度