Japan Data

コロナ危機対応、自国民の評価は日本が最低-ワースト2は米国・6カ国調査

政治・外交 経済・ビジネス 社会 暮らし 医療・健康

新型コロナウイルス危機をめぐる自国の首脳・政府の対応について、独米PRコンサルティング企業が日米欧6カ国で世論調査したところ、日本が最低となった。調査したコンサル企業は、評価が低い背景について「企業支援策への不満や将来の経済不安が主な原因だ」と分析している。

国際的に広報戦略への助言を手掛けるKekst CNCが6月上旬、日本と米国、英国、ドイツ、スウェーデン、フランスの6カ国で18歳以上、各1000人に新型コロナ危機に関する自国の政策への評価などを聞いた。

「自国の首脳の対応」について「評価する人の数」から「評価しない人の数」を引き、ポイント化したところ、安倍晋三首相がマイナス33で最低となった。2番目に低かったのはトランプ米大統領でマイナス20。最高はメルケル独首相で48だった。「政府の対応」評価も日本はマイナス17と最低で、首位のドイツの54と大きな開きが出た。

国内では、減収となった中小企業・事業者向けの持続化給付金の支給が遅れるケースがあり、通常国会では不透明な事務委託が批判を受けていた。調査では「自国政府が必要なビジネス支援を提供している」との回答が日本は20%で6カ国中最低。2番目に低い米国でも38%に達し、最も高い英国は63%だった。

また、「失業が不安」という懸念は日本が32%と最も高く、2割を切るほかの5カ国と比べ、突出する結果となった。

バナー写真:持続化給付金の事務委託問題に揺れるサービスデザイン推進協議会の内部、多くのスタッフは「リモートワーク」=代表撮影(時事通信)

安倍晋三 メルケル トランプ大統領 新型コロナ 経済 影響・対策 持続化給付金