Japan Data

鬼退治の準備はお早目に : 2021年の節分は2月2日

伝統 文化 社会 科学

節分の起源については諸説あるが、平安時代に鬼を払い、疫病を退散させる願いを込めて始まった儀式だったとも言われる。1000年の時代を経た現代を生きる私たちの願いも、疫病退散。今年は、いつもよりも1日早い2月2日が節分。忘れずにしっかり鬼を払おう。

子どもの頃、2月3日の夕方になると「鬼は外、福は内」と豆まきをして、その後に炒った豆を食べるのが楽しみだった――多くの人がそんな節分の思い出があるのではないだろうか。「節分は2月3日」と子どもの頃から頭にすり込まれている。

しかし、2021年の節分は例年よりも1日早い2月2日なのだ。なぜ、そんなことが起こるのだろう?

節分とは、文字通り、季「節」の「分」かれ目のこと。本来は「二十四節気」の立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日を指すが、冬から春に移る立春は古来より1年の始まりとして重んじられていたため、特に立春の前日が「節分」として広く定着している。

二十四節気は地球と太陽の位置関係を基に、国立天文台が割り出して前年に官報で公表する。立春は2月4日であることが多いが、「2021年暦要項」によれば、今年の立春は「2月3日午後11時59分」と1分だけ2月3日に食い込んだ。このため、「立春の前日」と定義されている節分も、1日早まり2月2日となるのだ。

地球が太陽を1周するのに365.242189日を要するため、1年365日のカレンダーとは6時間のズレが生じる。これを4年に1度のうるう年でリセットしているが、それでも端数分のズレが残ってしまう。そのため、立春は年によって3日や5日になり、それに伴って、節分の日付も変わる。

節分が2月3日以外となるのは、1984年2月4日以来37年ぶり。2月2日となるのは1897年2月2日以来、124年ぶりと極めて珍しい。ところが、今年からしばらくは4年ごとに2月2日が節分となり、2057年58年は2年続けて2日となる。

3日ではない節分

1897年 2日
1984年 4日
2021年から4年ごと2057年まで 2日
2058年 2日

マスク、消毒、ソーシャルディンスタンス…感染予防のための生活習慣ももちろん大切だけれど、今年は節分に疫病退散の願いを掛けたい。2月2日、お忘れなく!

バナー画像 : PIXTA

行事 天文 節分 節句 疫病 コロナ禍