Japan Data

大阪・兵庫と宮城にまん延防止等重点措置を初適用 : 3月に入って感染急拡大

政治・外交 医療・健康 社会

緊急事態宣言が3月21日をもって全面解除されてから10日。再び、新型コロナウイルスがジワジワと私たちの生活を脅かしつつある。

政府は1日、新型コロナウイルス対策として「緊急事態宣言」に準じた対応が可能になる「まん延防止等重点措置」の大阪、兵庫、宮城3府県への適用を決定した。期間は5日から5月5日までの31日間。対象地域は、大阪市と神戸市、両市の間にある兵庫県西宮・尼崎・芦屋3市、宮城県仙台市。新型コロナの特別措置法に基づき、知事は飲食店に対し午後8時までの営業時間短縮を要請する。応じない場合は20万円以下の過料を科すことができる。

大阪府と兵庫県は、新規感染者数が減少し、医療提供体制が改善されたとして、首都圏よりも先行して2月一杯で緊急事態宣言が解除された。ところが、大阪では、その直後から感染者が再増加に転じ、隣接する兵庫県の都市部にも感染が広がっている。感染者の増加が顕著となっている。宮城県も3月に入って新規感染が急増し、1日当たりの感染者数の過去最多更新を繰り返している。

大阪府、兵庫県、宮城県をめぐる主な動き

21/1/7 政府は東京、埼玉、千葉、神奈川を対象とする緊急事態宣言の発令を決定(発令日は8日)
21/1/9 大阪、兵庫、京都の3府県が政府に緊急事態宣言の発令を要請
21/1/13 緊急事態宣言の対象に大阪、兵庫、京都、愛知、岐阜、福岡、栃木の7府県を追加することを決定(発令は14日)
21/1/23 関西3府県が政府に緊急事態宣言の先行解除を要請
21/1/26 政府が首都圏1都3県以外の2月末での先行解除を決定
21/3/18 宮城県と仙台市が独自の緊急事態宣言を発表。4月11日までの間の不要不急の外出、移動の自粛を要請
21/3/28 大阪府の新規感染がこの日まで3日連続で300人超となる
21/3/29 吉村洋文大阪府知事がまん延防止等重点措置の適用を国に要請する意向を表明
21/3/31 宮城県の1日当たりの新規感染確認が初めて200人台に
21/4/1 大阪府、兵庫県、宮城県へのまん延防止等重点措置の適用決定

バナー画像 : PIXTA

厚生労働省 コロナウイルス 新型コロナウイルス 緊急事態宣言 吉村洋文 コロナ禍 コロナ まん延防止等重点措置