ニッポンドットコムおすすめ映画

役所広司主演、映画『ファミリア』が描く世界の中の日本、日本の中のブラジル、境界なき愛

Cinema

日本を代表する名優・役所広司が最も注目される若手の1人、吉沢亮と初共演。2023年最初の主演映画は、日常のすぐそばにある“世界”とのつながりを強く意識した作品になった。妻を亡くして陶芸に身を捧げる職人が、偶然の出会いから在日ブラジル人コミュニティーと関わりをもち、時に残酷な運命の中に小さな希望を見つけて生きる。映画初出演ながら物語のリアリティーを支える国際的キャスト陣に語ってもらった。

日本に暮らす外国人の数はおよそ296万人(2022年6月末、出入国在留管理庁)。300万の大台に迫る勢いで、総人口の2%を大きく超えている。出身国で5番目に多いのがブラジルで、20万7000人(同)が暮らす。1985年には2000人に満たなかった在日ブラジル人の数は、10年余りで100倍に増え、以後四半世紀にわたり20万人台を維持している。

1980年代後半、日本が好景気に沸く一方で、ハイパーインフレにあえぐブラジルから、多くの日系人が出稼ぎにやってきた。日本政府も「移民政策」を取らずに単純労働力の不足を補えるとして、1989年に入管法を改正し、在留資格者の対象を日系3世とその配偶者にまで拡大する。

役所広司と吉沢亮が共演、父子の愛を新たな角度から描いた映画『ファミリア』 ©2022「ファミリア」製作委員会
役所広司と吉沢亮が共演、父子の愛を新たな角度から描いた映画『ファミリア』 ©2022「ファミリア」製作委員会

焼き物の里に隣接するブラジリアンタウン

こうして定住したブラジル人のコミュニティーは北関東や東海地方など各地に点在するが、その1つに映画『ファミリア』の撮影地となった愛知県豊田市の保見団地がある。戦後の第2次ベビーブーム後に建てられた団地だが、1980年代末から在日ブラジル人が増え続け、いまや住民の過半数を占めるようになった。

そこから車で30分ほど行くと、瀬戸市がある。「瀬戸物」という呼び名があるように、古くから陶磁器の町として知られる。何世紀にもわたる伝統を受け継ぐ静かな山里にも、需要の減少や後継者不足など、時代の荒波が押し寄せる。隣町には世界経済の激動が響き、地球の反対側から来た若さあふれる人々がにぎやかにたくましく暮らす。

自宅の工房で黙々とろくろを回す陶器職人の誠治(役所広司) ©2022「ファミリア」製作委員会
自宅の工房で黙々とろくろを回す陶器職人の誠治(役所広司) ©2022「ファミリア」製作委員会

『ファミリア』はそんな土地柄を背景にして生まれた物語だ。

主人公は陶器職人の誠治(役所広司)。妻に先立たれ、自宅の工房と窯で昔ながらの焼き物作りをして静かに暮らしている。そんな彼の下へ、アルジェリアのプラントでエンジニアとして働く一人息子の学(吉沢亮)が休暇を取って帰ってきた。現地で結婚したナディア(アリまらい果)を父に会わせるためだ。

赴任先のアルジェリアから一時帰国した学(吉沢亮)は父に結婚相手のナディア(アリまらい果)を紹介する ©2022「ファミリア」製作委員会
赴任先のアルジェリアから一時帰国した学(吉沢亮)は父に結婚相手のナディア(アリまらい果)を紹介する ©2022「ファミリア」製作委員会

2人が滞在する間、誠治の家に小さな事件が起こる。見知らぬ青年が車を盗もうとしてぶつけてしまう。隣町の団地に住む在日ブラジル人のマルコス(サガエルカス)だった。仲間のマノエル(スミダグスタボ)が起こしたトラブルの巻き添えで日本人の半グレ集団から袋叩きに遭い、逃げてきたマルコスを誠治たちが介抱する。

半グレに追われ、誠治の家に逃げ込んできたマルコス(サガエルカス、左) ©2022「ファミリア」製作委員会
半グレに追われ、誠治の家に逃げ込んできたマルコス(サガエルカス、左) ©2022「ファミリア」製作委員会

数日後、誠治のところへマルコスの恋人エリカ(ワケドファジレ)がお礼にやってきた。マルコスが車を壊したことを知ったエリカは、おわびとしてブラジル人コミュニティーのパーティーに誠治たちを招き、彼らの交流が始まる。しかしなかなか心を開こうとしないマルコス。仲間のルイ(シマダアラン)とともに、半グレから執拗な攻撃を受け、やがて誠治も巻き込まれていく。

物語には、誠治の生い立ちや、定年間近の刑事・駒田(佐藤浩市)との関係、ナディアの祖国での境遇、ブラジル人に憎悪を抱く半グレ集団のリーダー海斗(MIYAVI)の過去、マルコスの父がたどった運命など、人物たちの背景が細かく描き込まれる。その人間模様の立体的な重なりによって、地方にひっそりと暮らす一人の小さな人間であっても、背後には世界が広がり、歴史とつながり、時代を生きていることが感じられる。

佐藤浩市が誠治の幼なじみで定年間近の刑事・駒田を演じる ©2022「ファミリア」製作委員会
佐藤浩市が誠治の幼なじみで定年間近の刑事・駒田を演じる ©2022「ファミリア」製作委員会

隣接する2つの世界を対比しながら場面が転移し、観客を引き込む。役所広司が神経を集中し、見事な手付きで職人技を見せる自然豊かな窯の里。その少し向こうは、巨大なコンクリートの塊が無機質に立ち並ぶ別世界だ。

ブラジリアンタウンのナイトクラブ。ヒップホップのリズムに乗って若い肉体が躍動し、異国の言語で誘惑し、挑発し合っている。こうしたリアリティーあふれる場面が、実際に在日ブラジル人コミュニティーで暮らす人々の起用で成り立っている。

演技未経験で映画出演に挑戦

そんな在日ブラジル人らをキャスティングするオーディションには、270人もの応募者が集まったという。成島出監督が選び出したのは、いずれも演技未経験の若者たち。今回はそのメインキャスト5人に集まってもらい、オーディションに応募した動機などを聞いた。

まずは、準主役級のマルコス役に抜てきされたサガエルカスから。

サガエルカス(Lucas Sagae)2004年生まれ、岐阜県出身。プロ格闘家として活動中
サガエルカス(Lucas Sagae)2004年生まれ、岐阜県出身。プロ格闘家として活動中

ルカス 岐阜県可児市出身で格闘技をやっています。通っているジムではり紙を見て、最初は「こんな田舎でもオーディションがあるんだな」くらいにしか思ってなかったんですけど、帰ったら父が同じ募集をフェイスブックの投稿で見ていて、話しているうちに「参加してみたら?」って。それまで雑誌のモデルをやってみたいなとは思っていたけど、映画で演技するなんて全然考えていませんでした。

同じく準主役級に並ぶエリカを演じるのは、9歳で日本に来て名古屋で育ち、20歳になって東京に出てモデル事務所に所属しているファジことワケドファジレ。

ファジ モデルとして主にコマーシャルの仕事をしていたんですけど、心のどこかに女優になりたいという気持ちがありました。事務所には演技の仕事があったらぜひ、と言っていたら、ブラジル人を募集しているオーディションがあるよって。すぐに「受けたい!」って答えました。

ワケドファジレ(Fadile Waked)1998年生まれ、ブラジル出身
ワケドファジレ(Fadile Waked)1998年生まれ、ブラジル出身

マノエルを演じるグーことグスタボスミダも、ブラジルで生まれて、8歳の頃に日本に来た。

グー 僕も役者になりたかったけど諦めていたんですよ。モデル事務所に入った友達が東京にいて、オーディションのことを教えてくれた。監督の名前を聞いて、検索したらすごい人じゃないですか。これは受けたいって思って。

マルコスとともに半グレに襲われるラッパー役には、静岡県磐田市で「GREEN KIDS」というヒップホップグループで活動するFlight-Aことシマダアラン。劇中でも実際のメンバーとステージに上がっている。

Flight-A グループに連絡があって、メンバーと浜松のオーディションに参加したんだけど、自分たち遅刻しちゃって。俺が一番おぼえているのは、入口で名前書いて奥の部屋に入ったら、監督さんが黙って腕組みして座ってて。色付きのメガネで目が見えなくて、怖かったっすよ!

5人の中で唯一ブラジル人ではないアリまらい果は、吉沢亮演じる学の妻ナディア役に挑んだ。

まらい果 生まれは日本なんですけど、父がパキスタン人のハーフです。7歳から16歳までパキスタンにいて、日本に戻って来ました。オーディションの時は引っ越してきたばかりで、パキスタンでの暮らしとか、宗教とか考え方とか、いろんな話を聞いてもらいました。決め手は歌声だったと言われるんですけど、私、オーディションで歌ったかなあって(笑)。

団地で開かれたパーティーからの帰り道、ナディアは美しい歌声を聴かせる ©2022「ファミリア」製作委員会
団地で開かれたパーティーからの帰り道、ナディアは美しい歌声を聴かせる ©2022「ファミリア」製作委員会

―オーディション後にどのくらいワークショップがあったんですか?

グー 3カ月くらい。厳しかったです(笑)。気持ちを作るというか、役の人になり切って感じることを教わりました。

ファジ キャラクターを作ることもそうなんですけど、映画だけじゃなくて、普段の生活にも生かせることをいっぱい教えられたんです。呼吸の仕方とか、声の出し方、立ち方、歩き方、私たちが知らないうちに身につけていたいろんな癖を全部直してくれた。

まらい果 成島監督から言われてよくおぼえているのが、「細胞から変えろ」みたいなこと。人が深いところに持っているもの、自分の今までの生き方を見せろ、みたいな。すごく強い思いでぶつかってきてくれてた。だからこっちも炎が出るというか。怒られることもあったけど(笑)、言葉だけでは伝わらないことをちゃんと知っていて、いつも一番よく伝わる方法を探して言ってくださってた気がします。

ファジ 私はこの1年はファジを忘れてエリカとして生きろ、みたいなことを言われてた。髪の毛もストレートだったのをクルクルにされて(笑)。撮影の前の日とかでいいんじゃないのと思っていたけど、3カ月前に変えられて、それはエリカになるためだったんですね。私ともう1人候補がいて、一緒にワークショップに通って、役が決まったのは一番最後。毎日祈っていました。

Flight-A 俺はオーディションの時に決まってた。どう見ても音楽やってるのって俺しかいなかったから。双子の弟も最後まで残ってたんですけど、どっちかってことになって、絶対俺だろって思ってたらやっぱりそうなって。

地元を牛耳るグループ企業の社長を父にもつ海斗(MIYAVI)は半グレのリーダー。ブラジル人を激しく憎む ©2022「ファミリア」製作委員会
地元を牛耳るグループ企業の社長を父にもつ海斗(MIYAVI)は半グレのリーダー。ブラジル人を激しく憎む ©2022「ファミリア」製作委員会

ルカス 僕とグーと、ヴィトっていう仲間がいて。3人のうち2人がマルコスかマノエルの役になると。ヴィトは受からなかったけど、エキストラでは出ています。撮影の時に励ましてくれたので、彼の分も頑張ろうって思えました。

グー マノエルは麻薬とかやってるヤバい人。台本ではあまり目立たなかったけど、けっこう面白い役なんじゃないかと思うようになった。どうせやるなら映画でしかできない役がいいなって。ハードだったけど、面白かったです。

Flight-A グーの眉毛は俺とルカスで剃っちゃいました。

グー メイクという選択もあったんですが、やはりニセモノと分かってしまうので、「どうする?」って言われて、「じゃ、剃っちゃえと」。電車に乗ったら怖がられましたね(笑)。

―ワークショップを終えて2020年3月に撮影が始まったと思ったら、4月にはコロナウイルスの緊急事態宣言で中断してしまったんですね。

まらい果 ワークショップでせっかく気持ちを作ったのに、という思いは正直ありました。再開まで1年半以上間があいたので、見た目が変わっている心配もあった。

グー ハリウッドでも中止になった映画いっぱいあったから、ヤバいなって思いましたよ。

Flight-A 正直、(再開の)連絡くると思ってなくて、半分諦めてたんですよ。でも心の底では、いや絶対くると信じようって。

まらい果 延期になる前に監督が言ったんだよ。離れてても、気持ちがあれば絶対にまたみんな集まれるって。だからやるだろうなとは思ってました。

ファジ 私は不安だったんだけど、やるでしょって。こんなに素敵な作品をそう簡単に諦めない、誰も。

誠治らはマルコスの恋人エリカ(ワケドファジレ、右)に招かれ、在日ブラジル人ファミリーの歓待を受ける ©2022「ファミリア」製作委員会
誠治らはマルコスの恋人エリカ(ワケドファジレ、右)に招かれ、在日ブラジル人ファミリーの歓待を受ける ©2022「ファミリア」製作委員会

壁を越えて生きる

―まらい果さん以外は実際に在日ブラジル人コミュニティーで育ったそうですが、どんな経緯で日本に暮らすことになったのですか?

ルカス 母が日系ブラジル人で、父と一緒に出稼ぎで日本に来たんです。日本で生まれ育って、ブラジルには1回も行ったことないです。

ファジ 私はブラジルでレバノン人の父とブラジル人の母の間に生まれたんですけど、両親は離婚して、母が日系ブラジル人と再婚し、15、6年前に日本に来ました。ブラジルの田舎から来て、ポルトガル語しか話せなくて、ものすごいカルチャーショックがありました。けっこういろいろ壁を乗り越えて今があるって感じ。ただ、住んでいた名古屋の団地にはブラジル人が多くて、スーパーでブラジルの食材も買えたし、学校にポルトガル語の通訳がいて、私はまだ助けてもらえた方ですね。

Flight-A 俺の両親は出稼ぎで日本に来て、たぶん最初はお金が貯まったらブラジルに戻る計画だったと思うんですよ。向こうに家は建てたんですけど、俺たちが大きくなって日本の環境に慣れてたから行きたくないって言って、家族も残ったんです。ブラジルには行ったことないんで勝手な思い込みかもしれないけど、日本の方が絶対住みやすいなって。家ではポルトガル語です。お母ちゃんたち30年ぐらい日本にいるけど、日本語しゃべれないから。家帰ったら別世界っすよ(笑)。

シマダアラン/Flight-A(Lima Alan Shimada)1998年生まれ、静岡県出身。ヒップホップグループ「GREEN KIDS」のメンバー
シマダアラン/Flight-A(Lima Alan Shimada)1998年生まれ、静岡県出身。ヒップホップグループ「GREEN KIDS」のメンバー

グー 僕の親も出稼ぎで。6カ月くらい日本の小学校に行ったけど、その後ブラジルに帰る考えだったので、ブラジル人学校に転校して、ポルトガル語で勉強を教わりました。結局は残ったので、今思うと日本の学校に行ってた方がよかったですね。ブラジルには12歳上の兄がいて、マノエルみたいに麻薬をやってた。それが日本に来たきっかけの1つで。僕が影響を受けないように、両親が引き離したんですよね。それもあってブラジルには帰りたくなかった。

―みなさんは日本に住むことを選んでいますが、自分を外国人だと考えているのでしょうか?

まらい果 私は国籍が日本だし、自分が外国人だとは思っていないけど、周りからはそう見られますよね。

アリまらい果(Malyka Ali)2002年生まれ、静岡県出身
アリまらい果(Malyka Ali)2002年生まれ、静岡県出身

ルカス 僕は人が外国人だとか、日本人だとかは関係ないと思っていますけど、自分がブラジル人であることを誇りに感じています。

Flight-A 自分も同じっすね。日本の永住権はあるけど、国籍は20歳の時に決断しなきゃならなくて、ブラジル人を選んだんですよ。

ファジ 私も自分をブラジル人として見ていて、それを誇りに思ってる。日本に来たばかりで学校に行ってた頃は、日本人に生まれたかったと思う時期もあった。でも今になってブラジル人でよかったと思っています。そのおかげでこの映画にも参加できたし。

グー 僕もブラジル人として生きてはいるんですけど、どこに行っても自分の国じゃないって感じはするんですよ。日本にいたらブラジル人、外国人。ブラジルに行ったら日本人。複雑です。

スミダグスタボ(Gutavo Sumida)1996年生まれ、ブラジル出身
スミダグスタボ(Gutavo Sumida)1996年生まれ、ブラジル出身

―日本人の中で育って苦労したことはありますか?

ルカス 小学校、中学、高校とずっといじめられて、学校に行きたくないとか、生きづらいとか思うこともあったんですけど、そういうのを受けたからこそ、考えるようになったこともあります。見た目や国籍がどうあろうと、人間であることは一緒だって。いじめる側の人には、逆に自分がいじめられたらどうなんだろうって考えてほしいです。

誠治とマルコスはさまざまな違いを越えて心を通わせる ©2022「ファミリア」製作委員会
誠治とマルコスはさまざまな違いを越えて心を通わせる ©2022「ファミリア」製作委員会

―日本にもっとこうなってほしいという願いはありますか?

ファジ 東京に住んで感じるのは、東京と地方って外国人に対する見方がかなり違うんですよ。東京では少しずつそうなっているとは思うんですけど、外国人だからって特別に扱わない、普通に接するような社会になったらいいなと思います。(地方では)日本人じゃないとちょっと接し方が変わってくる。その違いがなくなってほしいなと。

ルカス 街に外国語の表記が増えていますけど、それだけで外国人が生きやすい社会にはならないんじゃないかなって。考え方自体を変えていかないと。変わらないといけないのは日本人だけじゃなくて、外国の人も、よく思われない原因を作らないようにしなくちゃいけないなと思います。この映画をきっかけに考えが変わるといいですね。

―映画を観た人にはどんな新しい発見があると思いますか?

まらい果 私の役に関して言えば、国や宗教が違う相手と結婚するのが許されない人もいるということ。この映画は、愛する人とずっと一緒にいたいという強い気持ちで、いろんな壁を乗り越えていく、そういうストーリーでもあると思います。

グー 日本に住むブラジル人には悪い人も確かにいるけど(笑)、いいブラジル人もたくさんいるってことを知ってほしいんですよね。日本人にだって悪い人もいれば、誠治さんみたいないい人もいる。文化の違いはあるけど、「~人」ではなくて、人間として見たいし、見られたいんですよね。

インタビュー撮影=花井 智子
取材・文=松本 卓也(ニッポンドットコム)

©2022「ファミリア」製作委員会
©2022「ファミリア」製作委員会

作品情報

  • 監督:成島 出
  • 出演:役所 広司
    吉沢 亮 / サガエ ルカス ワケド ファジレ
    中原 丈雄 室井 滋 アリ まらい果 シマダ アラン スミダ グスタボ
    松重 豊 / MIYAVI
    佐藤 浩市
  • 製作委員会:木下グループ フェローズ ディグ&フェローズ 
  • 制作プロダクション:ディグ&フェローズ
  • 製作年:2022年
  • 製作国:日本
  • 配給:キノフィルムズ
  • 公式サイト:familiar-movie.jp
  • 全国公開中

予告編

映画 若者 移民 ブラジル 在日外国人 アイデンティティー 団地