ニッポンドットコムおすすめ映画

2019年3月のおすすめ映画

Cinema

かつて日本軍が占領したシンガポールに探し求める家族の記憶、日露戦争中の捕虜収容所で生まれたロシア兵との恋、朝鮮戦争に参加した米退役軍人が老後に巻き起こす大事件…。3月の「おすすめ映画」は、戦争を生きた人々の物語をピックアップ。そのほか「番外編」として、中国映画祭「電影2019」の上映作品2本を紹介する。

家族のレシピ

群馬県高崎でラーメン屋を営む父の下で働く真人(斎藤工)。幼い時にシンガポール人の母を亡くした彼は、母とシンガポールの食堂で食べたバクテー(豚バラ肉を煮込んだスープ、同国のソウルフード)の味を覚えていて、かねてからそれを再現しようと、現地在住の日本人フードブロガーからスパイスを取り寄せ、試作を繰り返していた。

なぜか心を開いてもらえずにいた父が、ある日突然亡くなり、遺品を整理していた真人は、母の日記を発見する。ページにはシンガポールで出会った若き日の両親の写真。真人はブロガーの美樹(松田聖子)を頼って、自分のルーツを探しに母の故郷へと旅立つ。そこで図らずして知ることになったのは、繁栄を共に歩む両国の良好な関係の陰で、過去の戦争が人々の心に癒しがたい傷跡を残していることだった。

2つの国の歴史の悲劇、国境を越えて結ばれた愛とそのはかない行方、家族の愛と憎しみ、別離、そして悲しみの果てにほのかに見出すことのできる希望や生きる喜び…。これらが食卓や調理場の湯気の向こうに、温かく丁寧に描かれていく。監督は、カンヌ、ベネチア、ベルリンの三大国際映画祭全てに作品を送り込んだシンガポールを代表する巨匠、エリック・クー。

真人(斎藤工)と美樹(松田聖子)©Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale
真人(斎藤工)と美樹(松田聖子)©Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale

若き日の真人の両親(ジネット・アウ、伊原 剛志)©Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale
若き日の真人の両親(ジネット・アウ、伊原 剛志)©Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale

©Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale
©Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale

作品情報

©Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale
©Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale

  • 原題=RAMEN TEH
  • 出演=斎藤 工、マーク・リー、ジネット・アウ、伊原 剛志、別所 哲也、ビートリス・チャン、松田 聖子
  • 監督=エリック・クー(『TATSUMI マンガに革命を起こした男』)
  • 製作=Wild Orange Artists、Zhao Wei Films、Comme des Cinemas、Version Originale
  • プロデューサー=橘 豊、フォンチェン・タン、ジュシアン・ハン、澤田 正道、エリック・ル・ボット
  • 撮影=ブライアン・ゴートン・タン
  • 脚本=ウォン・キム・ホー 
  • 料理監修=竹田 敬介
  • スチール=レスリー・キー
  • 配給=エレファントハウス/ニッポン放送
  • 宣伝協力=イオンエンターテインメント
  • 宣伝=マジックアワー
  • 製作年=2018年
  • 上映時間=89分
  • シンガポール・日本・フランス合作
  • 2019年3月9日(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー
  • 公式サイト=www.ramenteh.com

予告編

ソローキンの見た桜

©2019「ソローキンの見た桜」製作委員会
©2019「ソローキンの見た桜」製作委員会

舞台は日露戦争で初めて捕虜収容所が設置された愛媛県松山。ハーグ陸戦条約が結ばれてわずか数年後、国際社会にデビューして年月の浅い日本にとって、戦争捕虜を「博愛の精神」で処遇することが、近代国家の仲間入りをしたことを示す「試金石」となっていた。外出や飲酒も許された捕虜たちは市民との交流を深めていく。

看護師のゆい(阿部純子)は、負傷して収容されたロシア軍将校ソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)と出会う。献身的に看護するゆいに好意を寄せ、優しさと尊敬を込めて接してくれるソローキンに対し、弟を戦争で亡くしたゆいも複雑な思いを抱きながら引かれてゆく。しかし、密命を受けたソローキンは、ロシア革命に参加するため、収容所から脱走し、帰国しなければならなかった。

物語は、現代から歴史の秘話を探っていく形で展開する。戦争が背景の「悲話」には違いないが、国を越えて心を通わせた人々の絆が、時代を越えて新たな希望の灯をともすことがあると感じさせてくれる。

©2019「ソローキンの見た桜」製作委員会
©2019「ソローキンの見た桜」製作委員会

作品情報

©2019「ソローキンの見た桜」製作委員会
©2019「ソローキンの見た桜」製作委員会

  • 出演=阿部 純子、ロデオン・ガリュチェンコ、山本 陽子(特別出演)、アレクサンドル・ドモガロフ、斎藤 工、イッセー尾形
  • 監督・脚本・編集=井上 雅貴
  • 製作=2019「ソローキンの見た桜」製作委員会
  • 配給=KADOKAWA
  • 製作年=2019年
  • 日本・ロシア合作
  • 3月22日(金)角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー
  • 公式サイト=https://sorokin-movie.com/

予告編

運び屋

©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

クリント・イーストウッドが88歳にして、『人生の特等席』(ロバート・ロレンツ監督)以来、7年ぶりにスクリーンに帰ってきた。自身の監督作に登場するのは『グラン・トリノ』を最後に10年ぶりとなる。このところ実話を基にした作品が続くが、この新作もまた実際にあった事件がベースにある。90歳近い老人が凶悪な巨大組織から託された大量の麻薬を運び、とてつもない報酬を得ていたという、2014年に全米を驚愕させた出来事だ。

かつて、イーストウッドが自身や他の監督のさまざまな作品で演じてきたのは、世間の価値や権威をものともしない独自の倫理と正義をもつ、自由奔放で時にダーティーなヒーローだった。この系譜に連なるキャラクターで、現在の自分と同じだけ歳を重ねてきた人物となれば、自ら演じずにいられるわけがない。

しかし今回の主人公は、大仕事をやってのけるが、必ずしも正義のためではない。善や悪は関係なく、成り行きに身を委ねて、気ままにやりたいようにやるだけだ。朝鮮戦争の退役軍人らしくポリティカル・コレクトネスとは無縁だが、移民と対等に付き合い、女性に優しい。物事を深く考えず、人の役に立って喜ばれればいいというノンシャランな爺さんなのだが、家族だけは喜ばせられずにきた。外づらがよいあまりに家庭をおろそかにしてしまったことを悔い、その苦さが物語の底に流れている。

いまのイーストウッドにこれほど「ハマる」役と物語はないかもしれない。だからより一層、もう次はないのだろうかという思いがふと頭をよぎってしまう。エンドロールでは、1本の映画を見終えただけとは言えないような、切ないが温かい気持ちで胸がいっぱいになる。客席全体がそんな空気で満たされる稀有な体験が待っているだろう。

©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

作品情報

©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

  • 原題=THE MULE
  • 監督・製作=クリント・イーストウッド
  • 脚本=ニック・シェンク
  • 出演=クリント・イーストウッド、ブラッドリー・クーパー、ローレンス・フィッシュバーン、マイケル・ペーニャ、ダイアン・ウィ―スト、アンディ・ガルシア、アリソン・イーストウッド、タイッサ・ファーミガほか
  • 配給=ワーナー・ブラザース映画
  • 製作年=2018年
  • 製作国=アメリカ
  • 公開=2019年3月8日(金)、ロードショー
  • 上映時間=116分
  • 公式サイト=http://wwws.warnerbros.co.jp/hakobiyamovie/

予告編

番外編:中国映画祭「電影2019」からおすすめ映画2本

日中国交正常化45 周年の記念企画として2018年からスタートした中国映画祭の2回目となる「電影2019」(主催:文化庁、公益財団法人ユニジャパン、上海国際影視節有限公司)が、3月6日から10日にかけて東京と大阪で開催。さまざまなジャンルから厳選された上映6作品は全て日本初上陸だ。その中から日本にも関わりのある2本を紹介しよう。 

中国映画祭「電影2019」公式サイト

『アイランド 一出好戯』:スー・チーらアジアのトップスターが屋久島で一大ロケ

2018 ©SHANGHAI HANNA PICTURES CO., LTD. BEIJING ENLIGHT PICTURES CO., LTD. SPRING NET MEDIA HUOER GUOSI CO., LTD. HORGOS HAPPY PICTURES CO., LTD.
2018 ©SHANGHAI HANNA PICTURES CO., LTD. BEIJING ENLIGHT PICTURES CO., LTD. SPRING NET MEDIA HUOER GUOSI CO., LTD. HORGOS HAPPY PICTURES CO., LTD.

2019年の旧正月向けに大ヒットを記録した中国のパニック映画『流浪地球』と同様、地球スケールで始まるコメディー映画。

巨大隕石が落下して地球が最後の日を迎えるとの噂が世界を駆け巡る。風采の上がらないサラリーマン(ホアン・ポー)が心を寄せる同僚(スー・チー)らと乗った水陸両用車は巨大津波に巻き込まれ、気が付けば無人島に漂着していた。 「世界が滅びた」と確信した彼らは、必死に島からの脱出を試みる。

無人島生活の中で共同体が形成され、貨幣が成立し、権力闘争が生まれる過程には、文化大革命など厳しい時代を経験してきた中国の歴史と照らし合わせて身につまされる観客も多いだろう。高度成長で物質的な豊かさを手にした中国の人々が天災を機に改めて生き方を考えるようすは、バブル崩壊と震災を経験した日本人にもよく分かる。コメディーながらシリアスな人間模様にも説得力があり、二転三転する展開は見応えがある。撮影地は美しき日本の世界遺産・屋久島。

監督・主演は中国版『101回目のプロポーズ ~SAY YES~』などの作品で人気のホアン・ポー。 ヒロイン役を、中国人の間に北海道ツアーブームを生んだきっかけの一つと言われる『狙った恋の落とし方』で主演を務め、アジア全域で絶大な人気を誇るスー・チーが熱演している。中国映画祭「電影2019」からはすでに2作品の日本公開が決まっており、この作品も東京国際映画祭と同時に開催される「中国映画週間」などでの上映に期待がかかる。

作品情報

  • 英語タイトル=The Island
  • 監督=ホアン・ボー
  • 出演=ホアン・ボー、スー・チー
  • 中国公開=2018年8月10日
  • 上映時間=134分

予告編

 

『駐在巡査 宝音』:北野映画の柳島カメラマンが初めて中国に

©Haining Blue Hometown Production Co., Ltd
©Haining Blue Hometown Production Co., Ltd

中国・内モンゴル自治区における警官の実話に基づく物語。

少数民族の警察官・宝音(ボヤン)は毎日、中国で最も広い担当地域を一人バイクで見回っていた。ふだんの仕事は放牧民同士のいざこざの仲裁や、鉱石工場の労働者の身分証登録など穏やかな案件ばかり。静かに流れていた彼の日常が外地から来た女性の殺人事件をきっかけに徐々に変化していく。

中国映画『駐在巡査 宝音』で撮影を担当した柳島克己(撮影:ニッポンドットコム編集部)
中国映画『駐在巡査 宝音』で撮影を担当した柳島克己(撮影:ニッポンドットコム編集部)

ヤン・ジン監督の熱烈オファーを受け、『ソナチネ』など北野武監督作品を多数撮影してきた日本人カメラマン柳島克己が初めて中国映画の製作現場に乗り込み、内モンゴルの荒野を背景に展開する物語を淡々と写し取った。

柳島はこの作品での経験について、「クランクイン3日前の現地入りで台本も再確認が難しく、昼間の撮影可能な時間が短いなど大変なこともあった。乾燥し風が強い中でヤギやラクダの糞を相当吸い込んだ」と打ち明ける。撮影自体は監督からほぼ任され、役者の演技が映える色彩面の提案を受け入れてもらえたといい、柳島にとって日中協力の成功に充実感を得られた仕事だった。画面の大半を占める乾いた土の色に対し、朝夕の光を利用して撮影した自然の美しさ、ラマ教寺院や少数民族の結婚式の華やかな色彩との対比が見どころの一つだ。

作品情報

  • 英語タイトル=Patrolman Baoyin
  • 監督=ヤン・ジン
  • 出演=ボヤンネメフ、バダマー
  • 中国公開=2018年12月19日
  • 上映時間=97分

予告編

バナー写真:『家族のレシピ』©Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale

映画