神戸ジャズの魂、響いて100年:「産声」初のバンド、外国航路にルーツ

音楽 文化 歴史 社会

【神戸新聞】1枚のモノクロ写真に、正装した男性4人が、ピアノや管楽器と共に写る。日本初のプロのジャズバンド「ラフィング・スターズ(笑う星々)」だ。1923(大正12)年4月、バイオリン奏者で「日本のジャズの父」といわれる井田一郎が、神戸で結成し、神戸市内のホテルなどで演奏を披露した。ここから神戸が日本のジャズ発祥の地とされる。

江戸末期に開港し、外国文化がいち早く流入した街では、19年に旧神戸オリエンタルホテルでフィリピン人楽団がジャズを奏でるなど、土壌があった。

井田は「大正末期、宝塚少女歌劇のオーケストラに入団しながら、自身のジャズ思考ゆえに他の楽団員に排斥され、宝塚を飛び出したという」(「タカラヅカ・ベルエポック2」より)。そんな井田が求めた新天地が神戸だった。

「ラフィング」について、音楽学が専門の輪島裕介・大阪大教授(48)=兵庫県猪名川町=は「欧州のクラシックのような芸術的音楽と異なり、米国の大衆的な娯楽音楽『ジャズ』を日本で本格的に始めたという、音楽史的に重要な出来事」と位置付ける。

ジャズは19世紀末から20世紀初め、米国南部のニューオーリンズで、黒人のブルース、ラグタイムなどが、白人の音楽と融合してできた。北米航路を往復した楽団員が日本への橋渡し役といい、井田も外国航路の楽団出身だった。

「ラフィング」が誕生した23年、関東大震災が9月に発生。東京などのジャズ奏者らが関西へ大量移住する。大阪市のダンスホールがにぎわうが、昭和初期に営業が禁止され、阪神間に中心が移る。やがて震災復興が進むと、奏者らは東京へ戻った。戦時色が濃くなる40年以降、ダンスホールは閉鎖。敵性音楽として禁止された。

戦後ジャズが復活したのは、進駐軍キャンプからだった。NHKのラジオが米軍軍楽隊によるジャズを放送した。52年に開局したラジオ関西(当時はラジオ神戸)は全国初の電話リクエスト番組「電リク」を開始、ジャズや映画音楽などを流し聴衆の心をとらえた。

日本学校ジャズ教育協会関西本部の日下雄介理事長(81)=神戸市中央区=も「中学生の頃、ラジ関やNHKでジャズに憧れ、興味を持った」と振り返る。

進駐軍の撤収が進んだ50年代以降、演奏の場は、当時「大人の社交場」だったナイトクラブやキャバレーに移った。神戸でも「紅馬車」などのキャバレーが一つの癒やしの場となった。

日下さんは、私立高教諭を勤める傍ら「進駐軍から流れてきたジャズの楽譜を学びたくてキャバレーの楽団に入り、サックスを吹いていた」。「別れのブルース」で知られる淡谷のり子らの伴奏をするなど、「有名なミュージシャンが頻繁に訪れ、神戸の夜の街は華やかで刺激的だった」。

一方、神戸・三宮には53年にジャズ喫茶「JAVA」、69年にジャズライブレストラン「ソネ」などがオープン、レコードをかけたり、生演奏をしたりと、ジャズ文化の拠点になった。そして80年代のイベントにつながっていく。

輪島教授は、神戸のジャズ文化について「音楽産業としての中心地は東京だが、港町らしく外国文化を受け入れ、ラジオや店、イベントなどを通じ、街の音として根付いているのがいい」と話す。

記事・金井恒幸
写真・中西幸大

バナー写真:サックスを手に「人との出会いを豊かにしてくれた。ジャズは最高の音楽」と語る日下雄介さん
©copyright kobeshinbun

米国 神戸 ジャズ 神戸新聞 ニューオリンズ