今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:5月3日

国鉄三河島事故 160人が犠牲

1962(昭和37)年 東京都荒川区の国鉄常磐線三河島駅付近で貨物列車が脱線。その事故現場で上下2本の電車が衝突する「三河島事故」が発生した。160人が死亡し、重軽傷300人を出した。三河島-南千住間の下り貨物線を走っていた蒸気機関車が下り線路内に脱線し傾いて停止した。その直後、三河島駅を1分遅れで発車した上野発取手行きの下り電車が、脱線した機関車に追突し、上り線路内に脱線した。電車乗務員の指示で乗客が三河島駅へ歩いて戻り始めたところに、南千住駅を発車した上り電車が脱線した下り電車に衝突。2、3、4両目車両が5メートル下の民家に突っ込んだ。事故は国鉄職員の不注意によることが分かり批判を呼んだ。国鉄五大事故の一つ。

その他の出来事

日本国憲法が施行される

1947(昭和22)年 日本国憲法が施行された。皇居前広場で記念式典が開かれ、各地で記念講演会などが催された。新憲法を施行するに際して必要な法律の制定・改正が行われた。例えば、新しい皇室典範が法律として制定され、国会法、内閣法、裁判所法、地方自治法などが新たに制定され、刑法、民法などの規定も憲法の内容に合わせて改正された。これらの制定・改定された法律は新憲法と同時に施行された。日本国憲法を国民にわかりやすく解説した小冊子『新しい憲法 明るい生活』が5月3日付で2千万部作成され全国の各世帯に配布された。

吉田首相が「曲学阿世の徒」発言

1950(昭和25)年 吉田茂首相が政治学者・南原繁東京大総長の全面講和論を「曲学阿世の徒」と切って捨てた。曲学阿世は中国の故事「学を曲げ以て世に阿(おもね)る無かれ」から採られた四字熟語。日本共産党など左翼勢力が英米などの自由主義国との平和条約締結に反対し、ソ連や中華人民共和国なども加えた「全面講和」を主張。進歩的文化人もそれを支持し、南原も同調していることを批判した。この日の自由党両院議員秘密総会で「南原総長の全面講和の主張は曲学阿世の徒の言葉にほかならぬ」と発言。扉がきちんと閉まっていなかったのか、吉田首相の発言が新聞に漏れた。ラジオ演説で語ったとの説もある。

朝日新聞阪神支局で銃撃事件

1987(昭和62)年 朝日新聞阪神支局(兵庫県西宮市)に目出し帽の男が侵入し散弾銃を発砲。支局で勤務していた小尻知博記者(当時29)を殺害し、別の記者(同42)に重傷を負わせた。憲法記念日を選んだかのように、暴力で言論を封殺する意図をあらわにした事件は、社会に大きな衝撃を与えた。この年から90(平成2)年にかけ、朝日新聞関連施設に2件の発砲や爆破未遂1件、中曽根康弘・竹下登元首相への脅迫状郵送、江副浩正元リクルート会長宅銃撃、在日韓国人施設放火事件が起き、いずれも「赤報隊」を名乗る犯行声明が送られ、「反日分子を処刑する」などと書かれていた。一連のテロは「赤報隊事件」と呼ばれた。警察庁が広域重要指定事件に指定し、全国の警察を動員して懸命の捜査が行われたが、未解決のまま全ての事件が公訴時効を迎えた。

憲法 吉田茂