能登 冬の味覚:岩のり採りと海藻しゃぶしゃぶ【動画】

旅と暮らし

厳しい冬の日本海で採れる海藻は、郷土色豊かな料理に生まれ変わる。

12月に入ると能登で始まるのが岩のり採りだ。時に凍えるほどの風が吹く中、滑りやすい岩場での危険な作業となる。

海藻に覆われた岩場は滑りやすく危険

採集したのりは、竹かご(竹製の干しかご)に張り付ける。そのため、この時季の港や家々の軒下からは磯の香りが漂う。

採った岩のりを竹かごで乾燥させる

能登の宿では、海藻を熱いだしにさっとくぐらせて食べる「海藻しゃぶしゃぶ」が人気。色が変わり、磯の香りが増したら食べ頃だ。

岩のりの他に、ワカメ、アオサ、モズク、カジメなどが楽しめる海藻しゃぶしゃぶ

映像提供=金沢ケーブルテレビネット「なぜだか金澤~見つけて加賀・能登」
(バナー写真=厳しい冬に岩場で行われる岩のり採り)

観光 石川 能登 北陸 グルメ 中部地方 金沢ケーブル