さっぽろホワイトイルミネーション:夜の札幌を彩る冬の風物詩【動画】

旅と暮らし

日本で最初のイルミネーションイベントとして始まった「さっぽろホワイトイルミネーション」。中心会場の大通公園には大小の光のオブジェが並び、駅前広場や通りの街路樹でも電飾が輝き、札幌の町が幻想的な雰囲気に包まれる。

80万個の電飾が輝く、冬の札幌の人気観光イベント

夜の札幌の街が美しい光で彩られる「さっぽろホワイトイルミネーション」。1981年、「さっぽろ雪まつり」以外にも冬の名物イベントを作ろうと、「ホワイトイルミネーションさっぽろプラザ」という名称で始まった。当時、会場は大通公園2丁目だけで、使用された電球も1000個程度だったという。

38回となる2018年、メイン会場となる大通会場(大通公園16丁目)と札幌駅南口駅前広場に、光のタワーやきらめくトンネルなど大小の光のオブジェが設置される。駅前通や南一条通、北3条広場[アカプラ]では、さまざまな色に輝くLEDが街路樹を美しく彩る。今や全体で使用される電球は80万個を超え、冬の札幌を代表する定番イベントとなり、日本三大イルミネーションにも選出された。 

大通公園1丁目に立つ「さっぽろテレビ塔」から見下ろしたイルミネーション

2002年からは札幌の姉妹都市、ドイツのミュンヘンと提携した「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」が大通公園で同時開催。ワインやドイツ料理、クリスマス雑貨などを販売する屋台が並び、イベントをさらに盛り上げている。

毎年11月後半から始まり、ミュンヘン・クリスマス市を含む大通会場は1225日までとなっている。近年、その他の会場ではライトアップ期間が延び、駅前通会場では雪まつりが終幕する建国記念日(211日)まで、残りの会場は314日のホワイトデーまで光り輝く町並みを楽しめるようになった。

大通1丁目会場
約束の「ラブ・ツリー」

大通2丁目会場
第17回ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo会場

大通3丁目会場
花咲く「ブルーミング・ファウンテン」

大通4丁目会場
輝きの「ジュエリー・パレス」

大通6丁目会場
煌(きら)めきの「フォレストサークル」

札幌駅南口駅前広場会場
エキヒロイルミネーション

駅前通会場

南一条通会場

札幌市北3条広場[アカプラ]会場
アカプライルミネーション

 

ホワイトイルミネーションに彩られた札幌の夜景写真・動画=克(laufen

観光 北海道 夜景 イルミネーション 祭り・行事 札幌市