諏訪湖で御神渡りの拝観式(Japan in Photos)

長野県の諏訪湖の氷の筋が蛇行状にせり上がる「御神渡り(おみわたり)」の5季ぶり出現を受け、5日午前、認定と神事をつかさどる八剣神社の宮坂清宮司ら総代80人が、筋や方向を最終確認する拝観式を行った。御神渡りは、諏訪大社上社(諏訪市)の男神が下社(下諏訪町)の女神のもとへ通った恋路とされる。湖面を歩いて回り、南北に走る2本の筋、東から西に向かう筋を確認し、正式決定とした。晴天に恵まれ、湖岸には住民、観光客ら大勢の見物客の姿が見られた。(時事)

観光 神社 祭事・行事 長野