パラ開催の東京に登場したアバターロボットカフェ:障害者の社会参加に一石

東京2020

【9月2日 AFP=時事】東京・日本橋に先ごろオープンしたカフェで今井道夫(Michio Imai)さんが客を迎える。実際は数百キロ離れた自宅からロボットのウエーターを遠隔操作している。

カフェDawnは、アバター(分身)ロボットを通じて外出困難な人々に就労の機会を提供している。

「いらっしゃいませ。こんにちは」。白い小型ロボットが、入り口近くで翼形の手を振りながら客に呼び掛ける。

今井さんが作業するのは、800キロ離れた広島の自宅。Dawnのロボットスタッフを操作する約50人の「パイロット」それぞれが身体や精神に障害がある。

同カフェは6月にオープンした。日本各地や海外でスタッフを雇用しているが、一部はカフェの現場で働いている。

東京パラリンピックに合わせて昨年オープンする予定だったが、コロナ禍のため延期されていた。

テーブルに設置された「OriHime」と名付けられたロボットはカメラ、マイク、スピーカーを搭載し、パイロットと客との遠隔コミュニケーションを可能にする。

「ご注文はお決まりですか」とロボットが尋ねる。横のタブレットにバーガー、カレーとサラダのメニューが表示されている。

客とロボットを操作するパイロットとの会話が続く一方、大きめのロボットが店内を動き回り、ドリンクを給仕したり、入り口で客を迎え入れたりする。

バーの近くにいるバリスタ・ロボットはフレンチプレスでコーヒーを入れる。

■「社会の歯車になれる」幸せ

「お客さまとはいろんな話をします。天気のこととか、地元のこととか、そして僕の体のこととか」と語る今井さん。彼は身体表現性障害のため、外で働くことが難しいという。

「生きているからには、働くことによって社会に何かを還元したいって、やっぱり人間思うので。社会の歯車になれる方が幸せだと思います」

他のパイロットにもさまざまな障害がある。筋萎縮性側索硬化症(ALS)など手が不自由なパイロットは、特殊なデジタルパネルの上の文字を目で追うことでロボットを操作する。

カフェ・プロジェクトの生みの親は吉藤健太朗(Kentaro Yoshifuji)氏(33)。OriHimeを製作するオリィ研究所(Ory Laboratory)の共同創設者だ。

幼いころ病弱で学校に通えなかった吉藤氏は、外出できない人々が働ける場をつくれないかと考えるようになった。

「どうすれば自分が働きたいときに働ける選択を持ち続けることができるのか」を考えていると語り、Dawnは意欲ある人の「社会参加」について考えている場だと言う。企業やクラウドファンディングの協力を得て、カフェを立ち上げた。

「この店は決してOriHimeに会いに来たいお客さんが来ているわけではない」と吉藤氏はAFPに語った。「OriHimeの向こう側に操作をしている人がいて、その人を認識して、その人にまた会いに来ようっていうふうに来てもらえる」

■寝たきりの人たち用の新しいパラを

カフェは、1年延期になった東京パラリンピックより一足先にオープンした。

2013年に五輪・パラリンピックの招致が決定して以来、東京都は公共施設のアクセシビリティー(利用しやすさ)改善の取り組みを進めてきた。

しかし、障害者雇用を含めたソフト面の支援は不十分だと、愛知県のNPO「障害者雇用創造センター」の渡邉盛時(Seiji Watanabe)理事長はAFPに語った。

日本の障害者の法定雇用率は2.2%から2.3%に引き上げられたが、「まだまだ低い」と渡邉氏は言う。

「また、日本の企業は自主的に多様な人材を雇用するという文化に欠けている」

ランチタイムのカフェDawnを、59歳の男性が17歳の息子と訪れていた。

「パイロットの方はとてもフレンドリーでした。ご自身がなかなか外に働きに出られないとおっしゃっていて、そういう方がこういう機会(を得られる)っていうのは、非常にいいなと思いました」

現在カフェ・プロジェクトに打ち込んでいる吉藤氏だが、パラリンピックがいずれロボットも加え、よりインクルーシブになる可能性についても触れた。

「寝たきりの人たち用の新しいパラみたいなものが生まれるかもしれない」と言う。「他の新しいスポーツをつくれる可能性だってあると思う。そっちの方が面白い」 【翻訳編集】AFPBB News/Shingo ITO

都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」でロボットの写真を撮る客(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP
都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」でロボットの写真を撮る客(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP

都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」で飲み物を運ぶロボット(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP
都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」で飲み物を運ぶロボット(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP

都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」で飲み物を運ぶロボット(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP
都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」で飲み物を運ぶロボット(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP

都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」で飲み物を運ぶロボット(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP
都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」で飲み物を運ぶロボット(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP

都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」でロボットと客(右)との写真を撮る店員(左、2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP
都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」でロボットと客(右)との写真を撮る店員(左、2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP

都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」で飲み物を運ぶロボット(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP
都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」で飲み物を運ぶロボット(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP

都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」の小型ロボット「OriHime」(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP
都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」の小型ロボット「OriHime」(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP

「OriHime」を製作するオリィ研究所の共同創設者でカフェ・プロジェクトの生みの親の吉藤健太朗氏(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP
「OriHime」を製作するオリィ研究所の共同創設者でカフェ・プロジェクトの生みの親の吉藤健太朗氏(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP

都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP
都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP

都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」で飲み物を運ぶロボット(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP
都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」で飲み物を運ぶロボット(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP

都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP
都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP

都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」で飲み物を運ぶロボット(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP
都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」で飲み物を運ぶロボット(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP

都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」で飲み物を運び終わったロボット(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP
都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」で飲み物を運び終わったロボット(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP

都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」で飲み物を運ぶロボット(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP
都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」で飲み物を運ぶロボット(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP

都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」の小型ロボット「OriHime」(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP
都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」の小型ロボット「OriHime」(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP

都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」で小型ロボット「OriHime」とセルフィー(自撮り)を撮る客(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP
都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」で小型ロボット「OriHime」とセルフィー(自撮り)を撮る客(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP

都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP
都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP

都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」でロボットの写真を撮る客(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP
都内にあるアバターロボットカフェ「Dawn」でロボットの写真を撮る客(2021年8月17日撮影)。(c)Behrouz MEHRI / AFP

(c)AFPBB News

直接・間接を問わず、あらゆる媒体において、AFPのテキスト、写真、グラフィック、オーディオ、動画本素材の公開や放送、および放送・出版・再配信目的の改変を禁じる。個人的使用や非商業的使用の場合を除き、AFPのニュース素材の全体またはその一部をコンピューターに保存してはならない。AFPと株式会社クリエイティヴ・リンク は、AFPのニュース素材、またはその一部の配信遅延・不正確さ・誤り・欠落や、その送信や配信に関する損害に対する責任を負わない。ニュースワイヤーサービスであるAFPは写真、グラフィックス、動画に含まれる、またはテキストで言及される個人、グループ、団体などからリリース(権利放棄の合意)を得ることはなく、AFPのニュース素材のなかに見られる商標や著作物の知的財産権の所有者から、当該著作物の使用許可を取得していない。したがってAFPのニュース素材を利用する際は、利用者の責任において当該の個人・団体などから必要なリリース(権利放棄の合意)を受けなければならない。

AFPBBニュース 東京五輪・パラリンピック パラリンピック