木村敬一が100mバタフライで悲願の金 東京パラ

東京2020

【9月4日 AFPBB News】東京パラリンピックは3日、競泳男子100メートルバタフライ(視覚障害S11)決勝が行われ、木村敬一(Keiichi Kimura)が悲願の金メダルを獲得した。

自身4度目のパラリンピック出場となった木村は、今大会では100メートル平泳ぎの銀に続き自身初の金を獲得。パラ通算のメダル獲得数は8となった。【翻訳編集】AFPBB NewsBB News

東京パラリンピック、競泳男子100メートルバタフライ(視覚障害S11)決勝。金メダル獲得に歓喜する木村敬一(左、2021年9月3日撮影)。(c)CHARLY TRIBALLEAU / AFP
東京パラリンピック、競泳男子100メートルバタフライ(視覚障害S11)決勝。金メダル獲得に歓喜する木村敬一(左、2021年9月3日撮影)。(c)CHARLY TRIBALLEAU / AFP

東京パラリンピック、競泳男子100メートルバタフライ(視覚障害S11)決勝。金メダル獲得に歓喜する木村敬一(左、2021年9月3日撮影)。(c)CHARLY TRIBALLEAU / AFP
東京パラリンピック、競泳男子100メートルバタフライ(視覚障害S11)決勝。金メダル獲得に歓喜する木村敬一(左、2021年9月3日撮影)。(c)CHARLY TRIBALLEAU / AFP

東京パラリンピック、競泳男子100メートルバタフライ(視覚障害S11)決勝。金メダル獲得に歓喜する木村敬一(左、2021年9月3日撮影)。(c)CHARLY TRIBALLEAU / AFP
東京パラリンピック、競泳男子100メートルバタフライ(視覚障害S11)決勝。金メダル獲得に歓喜する木村敬一(左、2021年9月3日撮影)。(c)CHARLY TRIBALLEAU / AFP

東京パラリンピック、競泳男子100メートルバタフライ(視覚障害S11)決勝。金メダル獲得に歓喜する木村敬一(左、2021年9月3日撮影)。(c)CHARLY TRIBALLEAU / AFP
東京パラリンピック、競泳男子100メートルバタフライ(視覚障害S11)決勝。金メダル獲得に歓喜する木村敬一(左、2021年9月3日撮影)。(c)CHARLY TRIBALLEAU / AFP

(c)AFPBB News

直接・間接を問わず、あらゆる媒体において、AFPのテキスト、写真、グラフィック、オーディオ、動画本素材の公開や放送、および放送・出版・再配信目的の改変を禁じる。個人的使用や非商業的使用の場合を除き、AFPのニュース素材の全体またはその一部をコンピューターに保存してはならない。AFPと株式会社クリエイティヴ・リンク は、AFPのニュース素材、またはその一部の配信遅延・不正確さ・誤り・欠落や、その送信や配信に関する損害に対する責任を負わない。ニュースワイヤーサービスであるAFPは写真、グラフィックス、動画に含まれる、またはテキストで言及される個人、グループ、団体などからリリース(権利放棄の合意)を得ることはなく、AFPのニュース素材のなかに見られる商標や著作物の知的財産権の所有者から、当該著作物の使用許可を取得していない。したがってAFPのニュース素材を利用する際は、利用者の責任において当該の個人・団体などから必要なリリース(権利放棄の合意)を受けなければならない。

AFPBBニュース 東京五輪・パラリンピック パラリンピック