東京五輪銀の英陸上選手、B検体も陽性 メダル剥奪ほぼ確実に

東京2020

【9月15日 AFP=時事】スポーツのドーピング検査を管轄する国際検査機関(ITA)は14日、東京五輪の陸上男子4×100メートルリレーに出場した英国のチジンドゥ・ウジャ(Chijindu Ujah)について、Bサンプルからも禁止薬物が検出されたことを発表した。これにより、英国がこの種目で獲得した銀メダルが剥奪されることはほぼ確実となった。

ITAによると、ウジャのサンプルは英国がイタリアに次ぐ2位に入った決勝と同じ8月6日に提出されたものだという。英国が失格になった場合、3位のカナダが銀メダル、4位の中国が銅メダルに繰り上がる。

ITAは「この件をスポーツ仲裁裁判所・アンチドーピング部(CAS ADD)に諮っている」と発表している。

ウジャについては8月、Aサンプルから主に筋肉増強の目的で使用されるオスタリン(Ostarine)と選択的アンドロゲン受容体調節薬「SARM S-23」が検出され、暫定的な資格停止処分が科されたが、今回Bサンプルからも同じ物質が検出された。

ウジャは検査結果について「ショックを受け、打ちひしがれている」と話し、故意の使用を否定していた。

処分に関しては、まずはメダルについて判断し、その後ワールドアスレティックス(World Athletics、世界陸連)の独立不正防止機関「アスレチックス・インテグリティ・ユニット(AIU)」が追加の制裁を検討する。【翻訳編集】AFPBB News

東京五輪、陸上男子4×100メートルリレー予選に臨む英国のチジンドゥ・ウジャ(2021年8月5日撮影)。(c)Javier SORIANO / AFP
東京五輪、陸上男子4×100メートルリレー予選に臨む英国のチジンドゥ・ウジャ(2021年8月5日撮影)。(c)Javier SORIANO / AFP

(c)AFPBB News

直接・間接を問わず、あらゆる媒体において、AFPのテキスト、写真、グラフィック、オーディオ、動画本素材の公開や放送、および放送・出版・再配信目的の改変を禁じる。個人的使用や非商業的使用の場合を除き、AFPのニュース素材の全体またはその一部をコンピューターに保存してはならない。AFPと株式会社クリエイティヴ・リンク は、AFPのニュース素材、またはその一部の配信遅延・不正確さ・誤り・欠落や、その送信や配信に関する損害に対する責任を負わない。ニュースワイヤーサービスであるAFPは写真、グラフィックス、動画に含まれる、またはテキストで言及される個人、グループ、団体などからリリース(権利放棄の合意)を得ることはなく、AFPのニュース素材のなかに見られる商標や著作物の知的財産権の所有者から、当該著作物の使用許可を取得していない。したがってAFPのニュース素材を利用する際は、利用者の責任において当該の個人・団体などから必要なリリース(権利放棄の合意)を受けなければならない。

AFPBBニュース 東京五輪・パラリンピック 五輪 オリンピック 五輪・パラリンピックメダル