「何を話したらいいかわからない」人見知りを解消する“ロボット婚活”の狙い

社会 技術

  • ロボットが最初の会話を代行する「ロボット婚活」発表
  • 趣味や好きな食べ物など1組3分程度の自己紹介を代行
  • 今後は、増加する訪日観光客への対応なども視野に研究

ロボットが婚活パーティーでの会話を代行

IT大手、サイバーエージェントなどは2月12日、婚活パーティーでの会話をロボットが行う「ロボット婚活」について発表した。

「ロボット婚活」
「ロボット婚活」

男女が向き合って行われる婚活パーティー…しかし、聞こえてくるのはロボットの声だけ。
コミュニケーションを取るのが苦手な人でも、ロボットが会話を代行してくれる新たなお見合いスタイルなのだ。

男性側のロボット
マリさんの趣味はなんですか?

女性側のロボット
最近はピアノを習い始めました

例えばちょっと聞きずらい質問もこんな風に…

女性側ロボット
いまご年収はどれくらいですか?

男性側ロボット
僕は同世代からすると平均的な金額をもらっています

会話の内容は、趣味や好きな食べ物など45項目を答える事前アンケートをもとに、共通の話題を引き出せるよう、スタッフが作成し、1組3分程度の会話をロボットが代行する。

「初対面で何を話したらいいか、わからない」といった不安を感じている人への手助けとして行われた今回のロボット婚活パーティー。

28人中 4組のカップル誕生

1組3分程度の会話をロボットが代行
1組3分程度の会話をロボットが代行

参加者の感想は…

男性参加者
もう最初にロボットがある程度、お互いの情報をやり取りしてくれるので、その話題を広げていこうみたいな

女性参加者
いろんな方と気を遣いながら話しをすると、帰りに疲れてしまうことが多かったりもするので、そういうところがよかったかなと思います

今回は28人中、4組のカップルが生まれたというこの取り組み。

サイバーエージェントは今後、ロボットなどによる対話の自動化を進めることで、増加する訪日観光客への対応なども視野に研究を進めていきたいとしている。

経営コンサルタントの松江 英夫氏は「(ロボットの)キャラクターがかわいいですね。すごく和む感じがします。なかなか人見知りだったり、訪日外国人のように言葉が通じないと、最初の一歩が踏み出せず会話が深まらない。そういう所を補ってくれるという意味では助かるかも知れませんね」と話す。

(「プライムニュース α」2月12日放送分。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

ロボット FNNニュース 結婚