トイレ×IoTで訪日外国人をおもてなし…未来のトイレはどうなる?

社会 旅と暮らし

  • 成田空港に訪日外国人向けにIoTトイレが誕生
  • センサーでトイレの混雑具合を可視化
  • IoTトイレで海外顧客を獲得する狙い

成田空港にIoTトイレが誕生

トイレの国内シェアNO.1を誇る「TOTO」は、4月3日、 成田空港に、訪日外国人向けの最新IoTトイレを開設した。 

IoTトイレには様々仕掛けが...

清潔感あふれる空間。全個室に設置されているのは、英語や中国語など、5言語に対応したタブレット。 

ドアを閉めると、音声ガイドが流れるまた、動画で「ウォシュレット」の使い方の説明が流れる。
温水洗浄便座に馴染みがない外国人でも、 気軽に体験してもらえるようにしている。

トイレの中に入らなくても混雑具合が分かる?

さらに、もう一つの特徴が… 

トイレの中に入らなくても、混雑具合が、一目でわかる。 
天井やドアに設置されたセンサーで情報を集約し、混雑状況を表示する事が出来る。 

データ活用で清掃作業を効率化?

また、手洗い場などにもセンサーを内蔵し、 石鹸の利用頻度などをデータで収集。 
今後、消費量などを遠隔で把握出来るようにし、 管理や清掃の効率化を図る。 

IoTトイレに訪日外国人は..

TOTOが仕掛ける、IoTトイレでのおもてなしに、訪日外国人は… 

韓国人観光客: 
革新的だわ。 

ドイツ人観光客:
very amazing。 このトイレはすごい。

経済産業省によると、 水洗式便器の国内販売台数は2006年に およそ350万台に達した後は、減少。
現在は、ほぼ横ばい状態が続いている。

IoTトイレで海外の顧客獲得を狙う

そんな中、「TOTO」は、今回、訪日外国人に、 日本の最先端トイレに触れてもらう事で、海外の顧客獲得に繋げたい考えだ。

TOTO森村 望 副社長: 
一番はやはり個人での使用(目的として買ってほしい) 
自分の国に帰った後に、 「日本で体験したウォシュレットがあった」という事で、 ぜひ買ってみようか、という気持ちを後押ししたい。

狙いは中国市場

こうした流れにコメンテーターの森田章氏は
コメンテーター森田章氏:

「これから成長する市場として中国があるのですが、中国ではマンションを買うと個人が内装やトイレのような設備を自分で選ぶんですね。
そういった意味では個人に体験してもらうというのはマーケティングとしては理にかなっているのではないでしょうか」

IoTトイレで健康管理

コメンテーター森田章氏:

実はIoTの利用として進んでいるのはトイレだというふうに言われています。個人的に注目をしているのは健康管理。
医療費を削減するためには生活習慣病を予防する必要が大事なんですが、生活習慣病というのは尿の成分が悪くなると言われています。
なので毎日検査をして異常を早期発見できるなど日々の生活をするモチベーションが高まることに繋がっていくのではないかなと思います。

(「プライムニュース α」4月3日放送分。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

訪日外国人 トイレ FNNニュース IoT インバウンド 空港 成田空港