「深海魚の出現は地震の前兆」は“迷信”と断定…そのウラには地道な情報収集があった

科学 防災

  • 「深海魚は地震の前兆」は迷信と断定する調査結果を発表
  • 研究者「“深海魚の出現情報”の収集に苦労」
  • 「ナマズが騒ぐと地震が起きる」説も違うのか 聞いてみた

「深海魚が出現すると、地震が発生する」

こうした言い伝えは、古くからよく知られていて、1743年に刊行された江戸時代の奇談集『諸国里人談』にも記録されている。
ただ、真偽は定かではなく、これまでに確かな調査結果は発表されていなかった。

こうした中、この言い伝えを「迷信」で根拠がないと断定する調査結果を、東海大学海洋研究所と静岡県立大学のグループが6月26日に発表し、話題になっている。

調査方法は、「リュウグウノツカイ」や「サケガシラ」など地震の前兆とされる8種類の深海魚に絞って調査したところ、文献や地方紙の記事などで1928年11月~2011年3月の間に336件の漂着や捕獲の事例を確認した。

リュウグウノツカイ 新潟県農林水産部Facebookより
リュウグウノツカイ 新潟県農林水産部Facebookより

それから30日後までに、発見場所から半径100キロ以内が震源となったマグニチュード6.0以上の地震を調べたところ、2007年7月16日の新潟県中越沖地震以外は起きていなかったことが判明。

このため、深海魚の出現と地震の発生に統計的な関連はなく、言い伝えは「迷信」と結論づけている。

興味深い調査結果だが、そもそもなぜこのような調査が行われたのか?
また、調査を行ううえで、どのような点に苦労したのか?

調査を行った、東海大学海洋研究所の特任准教授、織原義明さんに話を聞いた。

深海魚の場合、“動物異常行動”の判断基準が比較的容易

――なぜ、このような調査を行おうと思った?

地震の前に動物が騒ぐ、井戸水が濁るなどの言い伝えは昔からあります。

地震前の“動物の異常行動”や“井戸水の異常”など、人の感覚で認識できる地震前の異常のことを「宏観異常現象」といいます。

「こうした現象は本当に地震の前兆なのか?」「仮に前兆現象であったなら、それを防災に役立てる情報として利用できないか?」といったモチベーションが根底にあります。

動物異常行動については、継続的な観測の難しさや、「何を異常行動とするのか?」の客観的判断基準を決める難しさもあります。

深海魚の出現は動物異常行動に分類されますが、通常、深海に生息して、お目にかかることがない深海魚が現れた、と深海魚の場合、異常の判断基準が比較的、容易です。

そのようなこともあり、本研究では深海魚を対象としました。

この他にも、東日本大震災の前はどうだったのかを、知りたかったのも理由のひとつです。
その場合、東日本大震災の前だけを調べればよいわけではありません。
東日本大震災の前が異常かどうかを判断するには、他の期間も知らなければなりません。

いずれにせよ、長期間のデータが必要でした。

「ひと言で言うと、期待はずれでした」

――調査で苦労した点は?

“深海魚の出現と地震との関係”を統計的に検証するためには、深海魚の出現に関するデータベースのようなものが必要になります。

地震は「気象庁一元化震源データ」がありますが、深海魚の出現に関するデータベースは存在しません。
過去の論文を調べたところ、深海魚の出現をまとめた論文がいくつか見つかりました。

しかし、いずれも期間やエリアが限定的で、長期間にわたって日本全域をカバーするまでではありませんでした。

一方、深海魚出現は珍しい出来事のため、特に、地方紙や全国紙の地方版で取り上げられていることから、ここからデータを集めることを思いつきました。

具体的には国立国会図書館で記事検索を行いました。これはパソコンで。今は全国紙しか検索できませんが、以前は地方紙を無料で検索できました。

それ以外に、ネット上で深海魚の出現の話を拾い集め、その裏取りとして新聞記事を調べました。この際、紙面だけでなく、マイクロフィルムでも調べました。
さらに、全国の水族館などがホームページ上で公開しているデータも調べました。
不確実な情報については、直接、水族館に問い合わせました。

このようにして集めたデータから、地震発生との関連を調べるために、深海魚の出現日と場所がわかるデータを選び出しました。

「気象庁一元化震源データ」は1923年からあるので、解析で用いる深海魚の出現データは、それ以降のものとしました。

その結果、1928年11月26日が最も古いデータとなり、そこから東日本大震災までの深海魚の出現の件数は392となりました。

今回の論文では、この中から新聞記事に地震との関連を示すことが書かれていた8種に絞りました。
リュウグウノツカイ、サケガシラ、テンガイハタ、タナベシャチブリ、シャチブリ、アカマンボウ、ユキフリソデウオ、テングノタチで、その出現の回数は336です。

新潟県農林水産部Facebookより
新潟県農林水産部Facebookより

――この調査結果から感じたことは?

ひと言で言うと、期待はずれでした。

ある程度、関連づけられそうな事例があり、相関関係を議論できるかと思っていましたが、そこまで行きませんでした。

ただし、今回、用いた“深海魚出現カタログ”は月日と場所が分かっているものです。
今後、新たな資料が見つかればカタログは書き換えられます。そうなれば、また結果は違ってきますが、大きく変わることはないと思います。

「ナマズが騒ぐと地震が起きる」の結論は出ていない

――「ナマズが騒ぐと地震が起きる」という言い伝えもある。これについてはどう思う?

現段階では結論めいたことは言えない、と考えます。
ただし、「ナマズが騒ぐと大地震がその近くで必ず起きる」わけではない、ということは言えるでしょう。

東京都水産試験場が1976年~1991年の16年間、ナマズを水槽で飼って、地震との関係を調べています。
ここではナマズの行動の定量化をはかり、客観的に異常行動を判定しました。
その結果、1978年から1990年までの13年間に東京都で震度3以上を記録した地震について、10日前までに異常行動の見られた地震は3割1分であったと報告しています。

また、神奈川県淡水魚増殖試験場では1979年から1984年まで、ナマズと地震との関係について調査しています。
期間中に地震までの距離が100km未満で震度3以上の地震は24個あり、それらの地震に先行するナマズの異常行動は10回ありました。
これは42%の地震の前に、ナマズが異常行動をとったことになります。
しかし、期間中、ナマズの異常行動は全部で150回あり、地震を伴った異常行動は6.7%でした。

神奈川県の結果をみると、「下手な鉄砲、数打ちゃ当たる」的に見えなくもないですが、これらの結果だけでは、まだ結論は出せないと思います。

例えば、ナマズの行動分析手法の改良により、地震を伴わなかった140の異常と地震を伴った10の異常を分けることができるようになるかもしれません。

東海大学海洋研究所の織原義明特任准教授によると、「深海魚は地震の前兆」以外の言い伝えに関しては、真偽が分かっていないのだという。
そのうえで、織原准教授は「何が迷信で何が真の前兆といえるのか、今後も科学的に検証していきたい」と話していた。

(FNNプライムオンライン7月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

防災 環境・生物・自然 地震・噴火 動物 FNNニュース 東海大学 海洋 災害対策