【動画】富士山 標高3000m地点に遺体 生配信中に滑落の人物か

社会 映像

富士山でインターネットの生配信中に滑落したとみられる人を捜索していた警察は、30日午後、標高3,000メートル地点で1人の遺体を発見した。

遺体があったのは、富士山須走口7合目の山小屋から南に800メートル、標高3,000メートル地点で、午後1時40分すぎ、山岳遭難救助隊が、身元のわからない遺体を発見した。

ほとんど雪に埋まった状態で、体や衣服の損傷が激しく、滑落した形跡があったという。

28日に生配信された映像では、富士山の山頂とみられる場所を歩く人が滑落する様子が生配信され、見た人から通報が入っていた。

遺体の身元の特定につながる所持品は見つからず、警察は確認を急ぐ方針。

(テレビ静岡)

(FNNプライムオンライン10月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

事故 富士山 登山 FNNニュース