【動画】神戸山口組幹部銃撃 男(52)逮捕 拳銃と自動小銃を所持 兵庫・尼崎市の発砲事件

社会 映像

兵庫・尼崎市で暴力団の幹部が死亡した発砲事件で、逃走していたとみられる男が現行犯逮捕された。

尼崎市で27日、神戸山口組の幹部で、傘下組織「三代目古川組」の古川恵一総裁(59)が、銃で撃たれ死亡した。

警察によると、古川総裁は、10発ほど撃たれたという。

現場近くにいた人は、「パンパンパンって、ちょっと間空けて5回か6回か、すごく響いていた」と話した。

警察は、京都市南区の路上で、現場から逃走したとみられる軽自動車を発見し、職務質問したところ、朝比奈久徳容疑者(52)が、拳銃を突きつけてきたため、銃刀法違反などで現行犯逮捕した。

警察によると、朝比奈容疑者は、暴力団関係者とみられ、拳銃と自動小銃を持っていたという。

警察は、事件の経緯などについてくわしく調べている。

(関西テレビ)

(FNNプライムオンライン11月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

事件・犯罪 FNNニュース 暴力団