【速報】「より強い対応」国・自治体に要望 政府の専門家会議が会見

社会 医療・健康

政府の専門家会議は、医療崩壊が差し迫っていると警鐘を鳴らすとともに、国、そして国民それぞれに強いメッセージを発した。

新型コロナウイルスに関する政府の専門家会議は、地域の医療提供体制の確保について、東京、神奈川、愛知などの5県では、医療提供体制が切迫していて、1日、2日にでも抜本的な対策を講じることが求められると提言した。

また、国に対しては急速に感染の拡大がみられているとし、政府・各自治体には、今まで以上に強い対応を求めたいとした。

そして国民に対しては、法律で義務化されていなくても、密閉、密集、密接の3つの「密」を徹底して避けるなど、社会の一員として、自分、そして社会を守るために役割を果たしてほしいと述べた。

(FNNプライムオンライン4月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 新型肺炎 COVID-19 新型コロナウイルス